フォト
無料ブログはココログ

« 最も大きなもの 1こりんと13:1-13  2016.2.21 | トップページ | 朽ちないものへ  1コリント15:50-58  2016.3.6 »

2016年2月28日 (日)

平和の神に導かれる 1コリント14:26-33

 

世界中には、数え切れないほどの教会があると思います。教会堂を持っていなくても、あるいは迫害などのゆえにアンダーグランドな教会であっても、ともに集まって礼拝をささげているキリスト者は、世界中に満ちています。実に、ともに集まることがキリスト者の特徴ともいえます。
 「また、互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。」(へブル10:24,25
 ということは、礼拝のかたちも多様であることが想像されます。エルサレムに教会が生まれ、それから間もないころにできたコリントの教会などでは、どのような礼拝がささげられていたのでしょうか。特定することは難しいと思いますが、ユダヤの民としての礼拝を守っていた流れを受け継ぎ、そこに、賛美、祈り、聖書の朗読、そして説教があったと思われます。今日のように礼拝式として定まったものではなく、かなり自由なものであったように思われます。それだけに、「私は主に導かれて、このように語ります」という人がいたり、突然異言を語りだしたりする人がいて、礼拝が混乱してしまったこともあったと思われます。
 コリントの教会の現状の一つはまさに礼拝における秩序の乱れであり、これを正すためにパウロは筆を取ったのでした。この14章で鍵になる言葉は、「徳を高める」ということです。どんなに素晴らしい賜物を持っていても、それが建徳のために使われなければ、意味がありません。うるさいドラや、シンバルになってしまいます。13章で、賜物を用いるには、神様の愛が必要であることを示したパウロは、徳を高めるために、あなた方の信じている神様は混乱の神ではなく平和の神であり、その方のもとに一つとなって、秩序だった礼拝をささげるようコリントの人たちを諭しているのです。
 この自然界は秩序を持ったものであることが、創世記の1章を見るとわかります。人はその管理を任されたのであり、神の秩序を破って己の力をふるってはならないのです。かならず、しっぺ返しを受けます。また、社会生活や家庭も同じです。立てられている人を尊敬し従うことがなければ、社会も家庭も崩壊します。そして教会もまた、秩序を保たなくてはいけません。キリスト教2000年の歴史の中で、教会の営みが作られてきました。それは人の作ったものですが、教会のかしらはキリストであってその方に従うこと、またキリストは教会の土台石でもあるので、キリストによって信仰を堅くされることが必要なのです。
 あなたの描く神様は、どのような方でしょうか。混乱に陥れるような方ではなく、私たちを平安と和解に導く、平和の神であることを心に留めましょう。

ローマ5:1 「ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。」


« 最も大きなもの 1こりんと13:1-13  2016.2.21 | トップページ | 朽ちないものへ  1コリント15:50-58  2016.3.6 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和の神に導かれる 1コリント14:26-33:

« 最も大きなもの 1こりんと13:1-13  2016.2.21 | トップページ | 朽ちないものへ  1コリント15:50-58  2016.3.6 »