フォト
無料ブログはココログ

« 語りつがれる物語 マルコ14:3-9 2016.3.13 | トップページ | 復活の証人 使徒23:1-11 2016.4.3 »

2016年3月20日 (日)

十字架から復活へ  2016.3.20

キリスト教歴では、本日から受難週となります。イエス様の生涯最後の1週間をたどり、思い起こす日々となっています。この出来事は4福音書に書かれていますが、マルコによる福音書の記事が一番わかりやすいように思います。4つの福音書の中でマルコの福音書が一番古く書かれたと言われており、イエス様最後の一週間を日記をつけるように日ごとに記録しているからです。

受難週の主な出来事は、以下のようになります。み言葉を開いて、ご自分でも確かめてみてください。

20() マルコ11:1 シュロの主日(聖日)、イエスのエルサレム入り、人々の歓呼の出迎え

21() マルコ11:12 実の無いイチジクを呪う、神殿で商売をする人達を追い出す、

22() マルコ11:20 枯れたイチジク、神殿で祭司や律法学者らと論争をする

23() マルコ14:1 マリヤはイエスに高価な香油を注ぐ

24() マルコ14:12 過ぎ越しの食事、洗足と聖餐の制定、ゲッセマネの園での苦悶

25() マルコ15:1 イエスの捕縛、裁判、鶏鳴、十字架の上の死、埋葬

26() マルコ15:42 安息日、墓の前に番兵が立つ

27() マルコ16:1,2 復活の主日(聖日)、 弟子たちへの顕現

イエス様の最後は十字架の死です。しかし、死は終わりではありません。復活へと続くのです。この十字架は、復活のイエスをも表しています。今、あなたにも死に値するような苦しみを味わっているかもしれません。しかしイエス様の命に生かされる日、復活の日があることを信じて、その苦しみの道を進んでいきましょう。


・・・

« 語りつがれる物語 マルコ14:3-9 2016.3.13 | トップページ | 復活の証人 使徒23:1-11 2016.4.3 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十字架から復活へ  2016.3.20:

« 語りつがれる物語 マルコ14:3-9 2016.3.13 | トップページ | 復活の証人 使徒23:1-11 2016.4.3 »