フォト
無料ブログはココログ

« シドッチか? | トップページ | 福音を宣べ伝える 使徒14:8-18 2016.1.24  »

2016年4月10日 (日)

救いの豊かさと交わりの豊かさ 2016.4.10

 今週から3カ月間、合同礼拝がささげられます。私たちの教会にとっては、新しい試みです。困難な時であるからこそともに集い、まず礼拝をささげ、午後には昼食を取りながらの交わりと、信徒会を通してお互いのことや教会の現状を理解していこう、ということです。しばらくこのページは、以前と変わりますので、よろしくお願いいたします。

 本日の説教者は、小野牧師でした。ヨハネ10:10から、掲題のテーマでみ言葉が語られました。今年度の年間賛美は、「主は豊であったのに」というものです。毎週この賛美を歌うということは、自分にとってはちょっとしたプレッシャーです。なんといっても、私は「山田豊」ですから。それはともかく、一人一人が神様から命をいただき、それを十分生かすことができるように、主イエス様が十字架にかかり、よみがえってくださったのです。そのことをもう一度、心に留めることができました。
 来週は、髙橋敏夫名誉牧師です。主に期待して、ともに集いたいと思います。

« シドッチか? | トップページ | 福音を宣べ伝える 使徒14:8-18 2016.1.24  »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救いの豊かさと交わりの豊かさ 2016.4.10:

« シドッチか? | トップページ | 福音を宣べ伝える 使徒14:8-18 2016.1.24  »