フォト
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

福音を宣べ伝える 使徒14:8-18 2016.1.24 

春風 吹いて 又生ず 
 この詩は白樂天の「唐詩三百首」に所収されている五言律詩の形の詩の一節です。「野火(やか)燒けども盡きず」に続く語で、「野原で枯草を燃やしても、その根は尽きることがなく、春風の吹くころにはまた芽を出してくる。」という意味で、春の命を感じる言葉ですね。
 これは禅語として詠まれているのですが、聖書の語る聖霊、神様の息吹を表す言葉ともいえます。ヨハネ3:8
「 風はその思いのままに吹き、あなたはその音を聞くが、それがどこから来てどこへ行くかを知らない。御霊によって生まれる者もみな、そのとおりです。」とあるように、聖霊は人の思いではなく父なる神のみこころのままに自由に働かれ、罪ある人間を新しく生まれさせ、命あふれる生涯へと導いてくださるのです。使徒の働きは、この聖霊のお働きを表した初代教会の物語です。
 本日のテキストは、生まれながら足の不自由な人をパウロが癒したという奇跡から起こった、福音宣教の物語です。9節にあるこの人の中にある癒される信仰とは、パウロの話す言葉に耳を傾けていた姿に表れています。今日聖霊は、神様の言葉である聖書に聞く人たち、み言葉を信じる人にその力を表すのです。この奇跡を見た人たちは、パウロとバルナバを神々のように崇め、いけにえをささげようとしました。これを見た二人は、自分たちも人間であり、まことに崇めるべきお方はこの天地を造られた神お一人であることを語りました。神様は人間に無関心であるのではなく、悔い改めて神に立ち返ることを忍耐して待っておられることを告げ、そのためにイエスキリストが来られたことを語りました。イエス様こそ、人となれた神であったのです。パウロは言葉で語り、その証として足の不自由な人が癒されたというできごとがあったのです。文字通りの「福音宣教」でした。
 福音を伝えるということは、心の飢え渇いている人たちに、それを満たすいのちのことばを伝えることです。伝える側が枯れていると、そのようなことはできません。ですから、証し人はいつも主イエス様と交わり、み言葉を学び、聖霊の満たしをいただく必要があります。聖霊は、春の風のように渇いた人を潤し、新たな命に生かしてくださいます。福音を宣べ伝えるとは、このお働きを私たちがさせていただくことに他なりません。
 ピリピ1:18「つまり、見せかけであろうとも、真実であろうとも、あらゆるしかたで、キリストが宣べ伝えられているのであって、このことを私は喜んでいます。そうです、今からも喜ぶことでしょう。」


2016年4月10日 (日)

救いの豊かさと交わりの豊かさ 2016.4.10

 今週から3カ月間、合同礼拝がささげられます。私たちの教会にとっては、新しい試みです。困難な時であるからこそともに集い、まず礼拝をささげ、午後には昼食を取りながらの交わりと、信徒会を通してお互いのことや教会の現状を理解していこう、ということです。しばらくこのページは、以前と変わりますので、よろしくお願いいたします。

 本日の説教者は、小野牧師でした。ヨハネ10:10から、掲題のテーマでみ言葉が語られました。今年度の年間賛美は、「主は豊であったのに」というものです。毎週この賛美を歌うということは、自分にとってはちょっとしたプレッシャーです。なんといっても、私は「山田豊」ですから。それはともかく、一人一人が神様から命をいただき、それを十分生かすことができるように、主イエス様が十字架にかかり、よみがえってくださったのです。そのことをもう一度、心に留めることができました。
 来週は、髙橋敏夫名誉牧師です。主に期待して、ともに集いたいと思います。

シドッチか?

「復活の証人」というときの証人という言葉は、まさに殉教者を表す言葉でもありました。そんなことを思いめぐらしていた時、次のようなニュースが飛び込んできました。

「切支丹屋敷跡」から人骨 禁制下に潜入した宣教師か

 東京都文京区の都旧跡「切支丹屋敷跡」で2年前に3体の人骨が出土し、うち1体は江戸時代のイタリア人宣教師シドッチの可能性が高いことがわかった。シドッチはキリシタン禁制下の日本に潜入した最後の宣教師とされる。区が4日発表した。(以下略)

これは、2016442143(デジタル朝日新聞)に掲載された記事で、テレビや各誌でも報道されていました。新井白石がシドッチの尋問を行い、それをもとに書かれたのが「西洋紀聞」であることは、多くの方がご存知でしょう。2014年の1月に、自分の訪れたところから、3体の遺骨が見つかり、その一体がシドッチである可能性が非常に高い、ということで、胸がドキドキしてきたのです。先月お会いしたばかりの、マリオ神父様のコメントが載っていました。「最後まで布教を諦めなかったシドッチは見事な殉教者。列聖などの再評価をバチカンにも働きかけたい」後段のコメントはさりながら、キリスト教禁制の時代、多くの宣教師が死の苦しみを味わっていることを知りながら、万里の波頭を越えてやってきたシドッチは、前段にあるように本物のキリスト信者だったと思います。改めて切支丹屋敷を訪ね、シドッチの信仰の息吹にふれてみたいと、思わされました。

Dscf9588・・


2016年4月 3日 (日)

復活の証人 使徒23:1-11 2016.4.3

「殉教」とういう言葉は、 ギリシャ語でmartyria(英語ではmartyrdom、殉教者はmartyr)ですが、「証人」marturesという言葉に由来しています。殉教とみなされるためには、その死がその人の信仰を証していると同時に、人々の信仰を呼び起こすものであるかどうかということが基準とされているそうです。聖書に登場する初期の殉教者は、ステパノ(使徒7)とヤコブ(使徒12:2)でしょう。キリスト教会2000年の歴史の中で、日本も含め多くの人たちが信仰のゆえに命を落とし、殉教者となりました。長崎で処刑された26人のキリスト者や元和の大殉教で命を落としたキリスト者などのように、カトリック教会から殉教のゆえに聖人、あるいは福者と呼ばれている人たちもあります。

今のこの時代、そして日本では、かつてのように信仰のゆえに迫害を受けたり、街の晒し者になるということはありません。教会が焼き討ちされるということも、ほとんどありえないことでしょう。しかしながら、殉教は自分の命、そして死さえも神様におゆだねした信仰の姿であることを想う時、復活の証人として生きるよう召されているキリスト者にも、基本的に同じことが求められていると思うのです。信仰のゆえの苦難は、その時々の為政者によるところが大きいことは歴史が証明しています。しかしどのような時代であっても、私たちには日々の艱難辛苦があります。初代教会のキリスト者たちが聖霊に導かれ、主が再びおいでになることを待ち望んでいたように、今のこの時代にあって復活の証人としての心を持って過ごしていきたいと願うのです。そのような者に、主はともにいて慰めと励ましを与えてくださるのです。

「信仰の戦いを勇敢に戦い、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたはこのために召され、また、多くの証人たちの前でりっぱな告白をしました。」1テモテ6:12

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »