フォト
無料ブログはココログ

« 主よ来てください  1コリント16:13-24 2016.7.17 | トップページ | 平和を求めて へブル12:14-17 2016.8.7  »

2016年7月31日 (日)

主イエスの現れの時まで 1テモテ6:11-16 2016.7.31

先週は、戦後最悪と言われる殺傷事件や地震が各地で起きたりなど、私たちを不安にさせるようなことがありました。海外では、相変わらずテロや悲惨な事件が起きています。このようなことがいつまで続くのか、これまで学んだように「主よ来てください」と言わざる得ないような私たちの世界です。
 本日のテキストは、パウロがその弟子である若きテモテに書き送った手紙です。祖母と母から受け継いだ敬虔な信仰をもとに、信仰の戦いを勇敢に戦い、永遠のいのちにかかわる働きを全うするようにとの薦めがあります。この戦いという言葉は、オリンピックなどの競技で使われる言葉であるという解説がありました。古代オリンピックの花形は、陸上の徒競走だったようです。他の人を負かすような競技ではなく、ゴールをめざして自らを打ちたたいて励むような姿が思い起こされます。
 これは日々の生活の中で、自分の信じていること、信仰の告白を表すことに他なりません。私たちの主イエスは捕えられた時、時のユダヤ総督ポンテオ・ピラトの前に引き出され、そこでりっぱな告白をしたのです。
 そこでピラトはイエスに言った。「それでは、あなたは王なのですか。」イエスは答えられた。「わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います。」(ヨハネ18:37)
 ピラトはイエスが妬みから訴えられ、死に値するような罪はないことを知っていました。しかし祭司長や律法学者たち、そして民衆の声に自分の思いを曲げ、イエスを人々に渡してしまったのです。
このピラトは、国の権威、国家権力の象徴として解釈されます。それぞれの国の民は立てられた権威に従わなくてはなりません(ローマ13:1)。しかしその国家の権威が人々の心に土足で踏み込んでくるようなことをしたとき、今日的なことばでいえば、その人の思想や信条を無視して人権を侵すようなことをしたとき、これに抵抗し、従うことができないということが起こります。国家の権威を与えた神様ご自身に従うことが、まず第一とされるのです(使徒5:29)
 今の私たちの国の権威は、この神様の前に謙虚になっているでしょうか。私たちもまた、11節に進められているような徳目を追い求めているでしょうか。主が再びおいでになるまで、それぞれの人生というレースを全うしたいですね。

こういうわけで、このように多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているのですから、私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けようではありませんか。(へブル12:1)


 

« 主よ来てください  1コリント16:13-24 2016.7.17 | トップページ | 平和を求めて へブル12:14-17 2016.8.7  »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主イエスの現れの時まで 1テモテ6:11-16 2016.7.31:

« 主よ来てください  1コリント16:13-24 2016.7.17 | トップページ | 平和を求めて へブル12:14-17 2016.8.7  »