フォト
無料ブログはココログ

« 栄光ある務め 2コリント3:1-11 2016.10.16 | トップページ | 神の国は誰のもの マルコ10:13-16  2016.11.13 »

2016年10月30日 (日)

ここにはおられません」とは ルカ24:1-11  2016.10.30

 何かの集まりの時、そこにいない人があると、ずいぶんその人のことが気になるものです。普段は気にならない人であっても、しばらく音信が途絶えると、妙に心配してしまうことがあります。亡くなった人を思い起こすことは、その方が生きていたとき以上にその方のことを強く思う場合もあるのではないでしょうか。
 十字架で死なれ、取り下ろされ、イエスはまだ誰も入れられたことのない新しい墓に葬られました。安息日の翌日の朝、女性たちはイエスの遺体に油を塗るために、墓へと急ぎました。そこで見た光景は、入り口を封じていた大きな石が転がされ、中にイエスの遺体がなかったというショッキングな出来事でした。途方に暮れている女性たちにかけられた天使の言葉は「あなたがたは、なぜ生きている人を死人の中で捜すのですか。ここにはおられません」という言葉でした。そしてそのあとに「よみがえられたのです。…お話になったことを思いだしなさい」と続いたのです。彼女たちは、イエスの語られたことを思い起こし、イエス様がよみがえられたことを信じ、最初の「主イエス復活の証人」となったのです。
 この話を聞いた男の弟子たちはしかし、彼女たちの話を信じませんでした。たわごとだと思ったというのですから、なんとも情けない話です。しかし、墓に走る二人の弟子がありました。ペテロとヨハネであり、彼らは空になった墓に、ポツンのイエスを包んだ亜麻布がそのまま置かれているのを見たのでした(ヨハネ20:1-10)
 現代では、イエスの遺体を包んだ布のことを聖骸布といい、それが本物か偽物かという論争があるということです。聖骸布の研究家の第一人者であるコンプリ神父は「聖骸布はイエスを知り、また知らせるために大変有効です。…現代人にとってイエスは、使徒トマスと同じように、「私の手に釘の痕を見なさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい」(ヨハネ20:27)と言われる気がします。」(「これこそ聖骸布」2015.5.13ドンボスコ社)と言っておられます。今年初めてお会いしたとき、日本滞在60年を越えてなお、日本宣教に熱心に取り組んでおられる姿を拝見し、著書にあるように復活の証人として奉仕しておられることを感じたのです。
 「ここにはおられません」とは、イエスがあなたの心の中にいてくださり、やがてすでに召された愛する者と再会できる希望を与える神様のことばなのです。

 私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。(ガラテヤ2:20)


 

« 栄光ある務め 2コリント3:1-11 2016.10.16 | トップページ | 神の国は誰のもの マルコ10:13-16  2016.11.13 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここにはおられません」とは ルカ24:1-11  2016.10.30:

« 栄光ある務め 2コリント3:1-11 2016.10.16 | トップページ | 神の国は誰のもの マルコ10:13-16  2016.11.13 »