フォト
無料ブログはココログ

« 死ぬべきからだ 2コリント4:6-15  2016.11.20 | トップページ | 闇に輝く光  2コリント6:11-18  2016.12.11 »

2016年11月27日 (日)

世に現れる時  2コリント5:11-19  2016.11.27

本日は待降節第1主日、主イエスキリストのご降誕を待ち望むときとなりました。  伝道者パウロは、まことの光として来てくださったイエスキリストを宣べ伝え、キリストの教会を建てあげるために、自分のすべてを神様にささげた人でした。どんなに同胞や異邦人からそのことをなじられようと、死を覚悟するような厳しい中を通らされるときであっても、キリストの十字架と復活を宣べ伝えることを止めることはありませんでした。自分のこの務めは神からのものであり、他の人から見れば、まさに狂気のさたとしか思えなかったかもしれませんが、ひるむことはありませんでした。なぜなら、彼の宣教の動機は、キリストの愛に押し出されたものだったからです(14)
 この宣教の務めは、和解の務めでもありました。救いはユダヤ人だけでなく、ギリシャ人やローマ人をはじめとする異邦人、すべての人に及ぶものです。隔てや差別の壁を壊してお互いが赦しあい和解すること、これこそが福音のもたらす新しい生き方だったのです。キリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者とされるからです(17)
 先週、国立科学博物館に展示されている、シドッチ宣教師の復顔を見ました。彼は、キリスト教禁制の時代、日本に行けば間違いなく捕えられ、命さえも失うことを十分わかっていながら、万里の波頭を越えてイタリアからやってきたのでした。1708年に屋久島に上陸しましたが、はたして捕えられ、長崎から江戸に送られて新井白石の尋問を受け、1714年、現在の文京区小日向にあった切支丹屋敷の地下牢で亡くなりました。そこから発見された人骨がシドッチのものであると特定され、複願されたのでした。彼が洗礼に導いたのは、屋敷で彼の世話をしていた一組の夫婦だけでした。しかし彼の尋問をまとめた白石の「西洋紀聞」によって、シドッチの証しは今日も宣べ伝えられているのです。シドッチを日本に送ったのもまたパウロのごとく、キリストの愛だったのではないでしょうか。
 クリスマスは、イエスキリストの誕生を祝う日です。父なる神様の愛に押し出されて、この世にいる私たちを救い出すために現れてくださったキリスト、このお方が降誕祭の中心にあるのです。


 神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。ヨハネ3:17


                             

 

« 死ぬべきからだ 2コリント4:6-15  2016.11.20 | トップページ | 闇に輝く光  2コリント6:11-18  2016.12.11 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世に現れる時  2コリント5:11-19  2016.11.27:

« 死ぬべきからだ 2コリント4:6-15  2016.11.20 | トップページ | 闇に輝く光  2コリント6:11-18  2016.12.11 »