フォト
無料ブログはココログ

« 豊かに蒔くものは  2コリント9:6-15 2017.1.15 | トップページ | 福音を携えて  2コリント10:12-18  2017.2.12 »

2017年1月29日 (日)

キリストへの従順 2コリント9:1-11  2017.1.29

 カトリック教会では、修道者は三つの誓願を立てるということです。それは、貧しく生きられたキリストに従う清貧の誓願、神と人々に奉仕するために生涯独身の道を選ぶ貞潔の誓願、父である神のみ旨に従って十字架の死にいたるまで自分のいのちを与え尽くされたキリストの生き方に倣う従順の誓願です。私が接したカトリックの神学生、神父様たちは、この誓願を本当に生涯かけて守っておられると感じ、心から尊敬申し上げた次第です。
 本日のテキストは、パウロの筆遣いがガラッと変わる印象を受けるところです。その違いゆえに、9章までとは違う別の手紙が合わさったものではないか、とも言われています。1013章では、パウロが使徒であることを自らはっきりと語り、福音とは何かということをあらためて述べています。確かに相手を責めるような言葉使いになっていますが、読者がこの手紙によって自らを吟味し、教会が建てあげられることを願う深い愛から出たものでしょう。
 6節に従順という言葉が出てきます。5節からの続きであり、この従順というのはイエスキリストが父なる神に従順であったように、私たちもイエス様に従順であることを命じていると言ってよいでしょう。先に上げた三つの誓願は、聖書からきていると言ってよいのです。従順とは、従う品性を言います。時には、理不尽なことでも従わなければならいこともあるでしょう。盲従ではありませ。キリストの示した従順に倣うことが大切です。
 私たちの主の従順は、ここで改めて書く必要はないでしょう。しかし、主イエスの従順によって人は救われ、新しい人とされたということは、しっかりと心に留める必要があります

ヘブル 5:8 キリストは御子であられるのに、お受けになった多くの苦しみによって従順を学び、

ローマ 5:19 すなわち、ちょうどひとりの人の不従順によって多くの人が罪人とされたのと同様に、ひとりの従順によって多くの人が義人とされるのです。
 聖書には、イエスが人々に仕え、従順な生涯を送った物語があります。あなたはどの物語が好きですか?今日失われている徳の一つである従順を、キリストに倣って表していきたいと思います。

« 豊かに蒔くものは  2コリント9:6-15 2017.1.15 | トップページ | 福音を携えて  2コリント10:12-18  2017.2.12 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリストへの従順 2コリント9:1-11  2017.1.29:

« 豊かに蒔くものは  2コリント9:6-15 2017.1.15 | トップページ | 福音を携えて  2コリント10:12-18  2017.2.12 »