フォト
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

キリストを誇りとする  2コリント11:16-31  2017.2.26

本日の箇所は、コリント教会のある人達から、パウロは本当に神様によって遣わされた使徒であるのかと疑っている人たち、あるいは、パウロとその働きを非難する人たちに対して弁明している部分の続きです。
 人は、何らかの誇りを持っているものです。プライドがあるわけです。30節にあるパウロの言葉「私は自分の弱さを誇ります」というのは、どのようなことを言っているのでしょうか。
16-21

パウロを非難する人たちに対して、ここで彼は弁明しています。愚か者と言われているのなら、あえてその愚かさを逆手に取って、自慢話をし、自分がキリストの使徒であることをあらためて表明しているのです。
22

自分のルーツをたどれば民族としてはへブル人であり、ヤコブという族長が神様との戦いに勝ってイスラエルという名前に変えられたところからきている信仰を受け継ぐものであり、霊的にも民族的にもイスラエルの祖父にあたるアブラハムの子孫であるという告白です。自分はまさに神に選ばれた民であると、ここで主張しているように思われます。
23
27
ここには、パウロの経験した様々な苦しみが列挙されています。鞭打たれたことや、こぶし大から人の頭ほどの石が投げつけられこと、海の難から始まる様々な災難が、27節までに書かれています。
28-29
節このような外から来ることのほかに、パウロには教会への心遣いがありました。身を焼かれるような痛みとはどれほどのことだったでしょうか。
30

そしてここに、パウロは「私は自分の弱さを誇ります」というのです。ネガティブなことを誇りとする、その究極ですね。1コリント1:31「まさしく、「誇る者は主を誇れ」と書いてあるとおりになるためです。」自分の弱さを誇るというのは、内にいますキリストを誇ることなのです。キリスト様によって、こんなダメなものが救われ、神の家族として教会に加えられたのです。ということです。


2017年2月19日 (日)

創造主の中に生きる ルカ17:20-37  2017.2.19

 おはようございます、山田です。
本日の礼拝は、不覚にインフルにかかってしまったため、私は欠席です。説教は、原稿を代読していただくことといたしました。添付のものを、ご覧いただければ幸いです。寒さがブリ変えてしてまいりました。皆様の健康が守られ、良き一週間でありますよう、お祈りしております。

2017年2月12日 (日)

福音を携えて  2コリント10:12-18  2017.2.12

 本日のテキストは、引き続き、パウロの使徒職について自らが語っている個所です。最近の就活や入学の願書にも、自己推薦を記入するスペースがあるということです。
 はたしてパウロは、どうだったのでしょうか。彼は、パウロの使徒職について反対する人たちに対して、自分自身を推薦して限度を越えて誇る人と、主なる神から推薦されて限度内で誇る人と、どちらが適切なのかと問うているのです。パウロは自らをわきまえつつ、自分は主から推薦された使徒、伝道者として福音を携えてコリントで教会を建てあげ、さらにイエス様のおっしゃたように地の果てまでその働きを広めたいと願っていることを、ここで表しています。もちろん、後者こそがふさわしいものです。この姿勢は、私たちも共通して持つべき姿であると思います。
 ところで、福音とは何でしょうか。これまで学んできたように、それは良き音ずれグッドニュースであり、その内容はイエスキリストによる救いの物語です。最近のキリスト教会では、福音とは何かということが改めて語られています。講演会や研究会が持たれ、書物も発行されています。
 その内容は、物語風に言えば、六つの幕、場面からなっていると言えるでしょう。第1幕は神様がこの世界を良きものとして造られ、神のかたちに造られた人間はこの世界を正しく治める使命を与えられたこと、第2幕はその人間が神の戒めに背き罪ある者となってしまったこと、第3幕は神はイスラエルという民を選び、彼らの歴史の中で救いの物語を示されたこと、第4幕はイエスキリストを遣わし、十字架と復活という出来事によって罪ある人間を救いに導かれたこと、第5幕は救われたものがこの現実の世界で神様が命じられた世界の管理人として忠実に生きること(今の私たちの時代)、そして第6幕はキリストの再臨による新しい天と地の完成です。福音とは、イエス様を信じれば救われ天国に行くまで楽しく過ごすことができるという、あまりにも単純なものではありません。今ここが神の国であり、神の民として生きることが、求められているのです。
 過日、平和ツアーの一環としてニコライ堂を訪ねました。正式には、東京復活大聖堂と言います。神学校を最近卒業された若い司祭の方が、丁寧に説明してくださいました。そこで語られた福音は、用語の違いを除けば、私たちの信じている福音と同じものでした。春日部の教会では、ニコライ堂と同じように復活祭を祝い、「イエスはよみがえられた、実に復活!」と唱和していることをお伝えしました。
 時代や場所は変わっても、キリスト教会の宗派やグループは違っても、イエス様が宣べ伝えた福音は変わることなく、今も世界中のクリスチャンによって宣べ伝えられているのです。
 ピリ 1:27 ただ一つ。キリストの福音にふさわしく生活しなさい。

Img_2958


« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »