フォト
無料ブログはココログ

« 真の礼拝者として ヨハネ4:21-26  2017.3.19 | トップページ | 愛に生かされる  ヨハネ11:1-6  2017.4.2 »

2017年3月25日 (土)

信仰の吟味  2コリント13:1-11  2017.3.26

1,2節には、パウロは自分の弱さを語りつつも、うちにいてくださるキリストの強さを証しし、このキリストを誇ることこそわが人生、そしてその証言をしてくださるのは、伝道によって救われた多くの人たちであることを、思い起こさせようとしています。35節では、パウロはコリントの人たちから吟味を受けているわけですが、ここに至って、あなた方も自らを試し、吟味するよう命じています。この箇所と同じ「吟味しなさい」という訳では、聖餐式の式文にも取り上げられている1コリント11:28に見られます。「ですから、一人一人が自分を吟味して、その上でパンを食べなさい」とあります。6-10節のみ言葉は、パウロは失格者でないことを表明し、コリントの人たちも失格者になることが無いよう願っている彼の思いやりの心を感じるところです。そして1112節で手紙を結ぶにあたり、パウロはコリントの人たちの弥栄を願い、祝福を祈っています。13節は、教会の礼拝における祝祷に使われている言葉です。コリントの教会の人たちを祝福するパウロの思いは、今日も祝祷という形で教会に受け継がれているのです。
 さて、私たちの主イエスは、どのような言葉をもって信仰の吟味を促しているでしょうか。その物語は、ヨハネ21章に見ることができます。「あなたはわたしを愛しますか」これがイエス様の問診、問いかけなのです。信仰吟味の言葉なのです。かつて、イエス様は、ピリポカイザリヤにおいて、あなた方はわたしをだれだというか、と尋ねられました。ペテロは皆を代表するかのように、「あなたは生ける神の御子キリストです」と答えました(マタイ16:16)。立派な信仰告白です。これはどちらかといえば、知的な問いかけといえるでしょう。しかしよみがえられた主は、心を探る問いかけをしているのです。イエス様から「わたしを愛しているか」と聞かれたなら、ペテロは「わたしはあなたの信頼を裏切りました」としか答えることができないでしょう。しかし、ペテロは、「あなたはよく知っておられます」と答えます。イエスは、ペテロに対して「私の羊を飼いなさい、わたしに従いなさい」と言ってくださいました。ガリラヤで聞いた弟子としての招きの言葉が、再びペテロは聞いたのです。ペテロの第2の召命となりました。イエス様のペテロに対する愛も、召命も変わっていなかったのです。

私たちの信仰を吟味する言葉は、ただ一言なのです。たくさんの言葉でイエス様は、聞かないのです。あなたの名前を呼びただ一言「あなたは私を愛しますか」と今も問うておられます。この問いかけによって、私たちも日々信頼をいただいています。イエス様からの信頼とは、ただあなたを愛することなのです。信仰の吟味を問うイエスのことばに、私たちも応えていきたいと思います。


« 真の礼拝者として ヨハネ4:21-26  2017.3.19 | トップページ | 愛に生かされる  ヨハネ11:1-6  2017.4.2 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信仰の吟味  2コリント13:1-11  2017.3.26:

« 真の礼拝者として ヨハネ4:21-26  2017.3.19 | トップページ | 愛に生かされる  ヨハネ11:1-6  2017.4.2 »