フォト
無料ブログはココログ

« イエスキリストの物語 へブル1:1-4  2017.6.11 | トップページ | 新しい天と地  黙示21:1-8 2017.7.2 »

2017年6月25日 (日)

キリスト者呼ばれる  使徒11:19-26  2017.6.25

                             現在のキリスト教会のルーツは、エルサレムに生まれた教会にあり、1世紀に誕生したいわゆる初代教会にあると言って、間違いではありません。福音自由教会の信徒の手引きにも、福音自由教会の起源は初代教会にさかのぼると書いてあります。 
 本日のテキストになっているアンテオケの教会も、初代教会の一つでした。アンテオケは地中海に面する都市で、1世紀にはローマ帝国の属国の一つ、シリヤの都市でした。当時の人口は約50万人、第3番目の大きな町で、現在のトルコ共和国のアンティオキアという街にあたります。 主イエスキリストの福音は、イエス様ご自身によって宣べ伝えられました。

マルコ1:14,15ヨハネが捕らえられて後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べて言われた。「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」


 使徒の働きを読むと、福音はユダヤ人だけでなく、異邦人にも広まっていった様子に気がつくでしょう。主イエス様の救いは、民族に限定されず、あらゆる人たちに開かれている、神様の恵みなのです。特に、パウロが改心してからは、彼の伝道によって福音が異邦人にも伝えられ、後にアンテオケの教会は、異邦人伝道の拠点にもなっていきました。
 このアンデオケアで、イエスを信じともに集まっている人たちは、キリスト者と呼ばれるようになりました。新約聖書の原語であるギリシャ語では、クリスティアノスと読むことができます。ノスという言葉ついて~に倣う者ということから、クリスティアノスとは、キリストに倣うものと、いう意味になります。今日において、キリストに倣うとは、神様に造られた本来の人間の姿に立ち返ることをも意味します。それは、良い管理人としてこの地を治め、主人を喜ばせ、自分も一緒に喜ぶことです。キリスト者として生きるということは、自分の賜物を発見し、社会と神様のために生かすことです。


 
1ペテロ4:10それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。


 

« イエスキリストの物語 へブル1:1-4  2017.6.11 | トップページ | 新しい天と地  黙示21:1-8 2017.7.2 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリスト者呼ばれる  使徒11:19-26  2017.6.25:

« イエスキリストの物語 へブル1:1-4  2017.6.11 | トップページ | 新しい天と地  黙示21:1-8 2017.7.2 »