フォト
無料ブログはココログ

« 剣か鋤か  イザヤ2:1-5 2017.8.6 | トップページ | 主に望みをかける  哀歌3:22-24 »

2017年8月20日 (日)

神の御手の中で エレミヤ8:1-12  2017.8.20

         

   

本日の聖書箇所は、エレミヤが生きていた時代の出来事ともに、神様を陶器師、そして人間をその手中にある陶器(作品)に例えて語られているところです。人は神様の作品です。そして、神様によって私たちが回復されるとき、最も美しい作品となっていくことでしょう。陶器師が使う材料は、粘土です。どこにあるかと言うと、地に埋もれているわけです。ものすごい圧力を受けているのです。掘って取り出すのです。このことは、神様が私たち一人一人を見出し、ご自分の作品としてくださろうとしていることに、たとえられます。

コロサイ1:13
神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。

神様は、私たちが埋もれ、圧迫されていても、掘り起こして、すばらしい作品にしようと、日の目を見ることができる世界、すなわち、神の愛の世界に取り込んでくださっているのです。粘土の特徴的な性質として、造り手によって自由な形に造ることができる(可塑性)、ということです。そして焼く前であれば、何度も形を造り変えることができます(可逆性)。私たちの人生は、確かに一度きりです。なので、人生をやり直すことは、できない、のでしょうか。そうではないのです。確かに、時間的には戻ることができないのですが、神様によって新しく造り変えられ、あなたらしい生涯を送ることができるのです。

イザヤ書 648
【主】よ。今、あなたは私たちの父です。私たちは粘土で、あなたは私たちの陶器師です。私たちはみな、あなたの手で造られたものです。

 焼くというのは、作品造りの最後の工程です。窯の中では、彼の思い超えたことが、起きるのです。
このことも象徴的です。私たちも、自分の身が焼かれるような辛い経験をいたします。しかしそれは、神様に造られた元々のあなたらしいものとなるための、テストなのかもしれないのです。

Ⅰペテロ 1:7
あなたがたの信仰の試練は、火で精錬されつつなお朽ちて行く金よりも尊く、イエス・キリストの現れのときに称賛と光栄と栄誉になることがわかります。

この粘土がかたちづくられて作品になるために、小石や木の根などの不純物を取り除くことは、悔い改めを表します。

Ⅰヨハネ1:9

もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

自己中心を止め、神に造られたものとして新しく造られていく、それは、悔い改めるところから始まります。あなたを愛して、暗闇の圧制からすくい出してくださった神様は、あなたを最も素晴らしい作品にしようと、今日もご自身の手の中においてくださっているのです。

コロサイ3:9-10

互いに偽りを言ってはいけません。あなたがたは、古い人をその行いといっしょに脱ぎ捨てて、新しい人を着たのです。新しい人は、造り主のかたちに似せられてますます新しくされ、真の知識に至るのです。


« 剣か鋤か  イザヤ2:1-5 2017.8.6 | トップページ | 主に望みをかける  哀歌3:22-24 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神の御手の中で エレミヤ8:1-12  2017.8.20:

« 剣か鋤か  イザヤ2:1-5 2017.8.6 | トップページ | 主に望みをかける  哀歌3:22-24 »