フォト
無料ブログはココログ

« 天に宝を持つ マルコ10:17-22  2017.10.22 | トップページ | 人の手によらずできるもの  マルコ4:26-32  2017.11.5 »

2017年10月29日 (日)

み言葉と恵みに立つ エペソ2:1-10  2017.10.29

  1517年10月31日に、マルティン・ルターはヴィッテンベルグの城教会の門に、95か条の提題を掲げました。グーテンベルグの発明した活版印刷により、この95か条の提題はおよそ2週間ほどでヨーロッパ全土に広がり、今日でいう宗教改革が始まった日と言われるようになりました。

 今年はこの出来事から500年目の節目の年となっています。ルターは、ヴォルムスでひらかれた神聖ローマ帝国の帝国議会に召喚され、自説の撤回を求められました。彼はそれを拒否し、そのとき叫んだのが「我、ここに立つ。」という言葉でした。この言葉は、信仰の自立を表す言葉として、今日良く使われていますが、どこに立っていたでしょうか。現代の私たちの立ち位置はどこなのでしょうか。宗教改革者たちが明らかにした聖書の真理は、私たちは神の言葉である聖書と、神の恵みの中に立つ、ということです。

ローマ1:17 なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されていて、その義は、信仰に始まり信仰に進ませるからです。「義人は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。
エペソ2:8-10 あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをもあらかじめ備えてくださったのです。

先週の説教と重ね合わせれば、永遠のいのちをいただくのは、人の行いによることでなく、神から来るものです。そして人は、命をいただいたものとしての行いがあるのです。行いのない信仰は、死んでいるのです。 ルターは、説教とドイツ語に聖書を翻訳することによって、このことを表しました。賀川豊彦は、貧しい人たちの中で暮らし、生協や労働組合などの立ち上げ、南桜井においては、農村時計の立ち上げに協力したのです。実社会の中で神の言葉と恵みを表そうとした人でした。

  21世紀の新しい宗教改革は、み言葉と恵みの中に一つとされるものであると思うのです。 

« 天に宝を持つ マルコ10:17-22  2017.10.22 | トップページ | 人の手によらずできるもの  マルコ4:26-32  2017.11.5 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: み言葉と恵みに立つ エペソ2:1-10  2017.10.29:

« 天に宝を持つ マルコ10:17-22  2017.10.22 | トップページ | 人の手によらずできるもの  マルコ4:26-32  2017.11.5 »