フォト
無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月25日 (土)

「信仰生活」あるいは「信仰と生活」 ドア(戸)を取っちゃおう

 本日の丘の上説教は、小野牧師です。中央で語る説教の中から、抜粋しました。

 宗教改革の時代は、ルネッサンス、文芸復興の時代でもありました。それはまた、神中心から、人間中心になる時でもあったのです。ほかの言い方をすれば、信仰と生活が分かれてきた時代だったのです。
 かつて、私たちの国も、神仏を拝むこと、信仰することと生活は一つになっている時代がありました。戦国時代も、実はそうであったのです。現在、県立民族博物館で行われている「上杉家の名刀と35腰」「関東管領上杉氏と埼玉の戦国武将」を見に行ってまいりました。とてもよかったです。123日まで開かれていますので、行かれてみたらよいと思います。
 その図録の中に、上杉謙信の信仰についての解説がありました。謙信は、戦の神様ともいえる毘沙門天を信仰しており、戦の前には、毘沙門堂にこもり戦勝を祈願したということです。信仰と生活が、一緒になっていたといえるでしょう。この当時の人々の生活は神仏を信仰することと一つになっており、それは謙信に限ったことではない、とありました。良きにつけ悪しきにつけ、かつての日本人は、神仏を信仰することと生活が一つになっていたのです。なので、私たちの国に福音が伝えられたとき、この福音と自らの人生を一つに重ねる思考が、すでにあったのだと思います。
 現代社会は、お祭りや宗教行事を受け継いでいても、それは形だけになっていることが多いのです。地域住民との親睦や、コミュニティーつくりの一環となり、神仏を拝むことは、ほぼなくなり、その起源も忘れられてしまいました。しかし本来は、祭りや宗教行事は、人々の生活を作っていったのです。ざっくりいえば、信仰と生活が一つになっていたのです。信仰と生活が分離してしまっている、これが今の時代です。そしてキリスト者も時代の子なので、キリストを信じる信仰と、日々の生活が分離してしまったのです。せいぜい日曜日だけ、神様を礼拝する、奉仕の時だけイエス様に仕える心で頑張ろう、みたいなことになってしまうのです。
 あなたは、大丈夫でしょうか。一日24時間、一年365日、神様は私たちを愛し、恵んでくださっています。ならば、私たちもいつも、そしてどのような時でも、み言葉と恵みに立つ日々を送れるはずなのです。
 街にはクリスマスの飾りつけが、あふれています。教会にも、イルミネーションがつくことでしょう。でもそれは、ひょっとして形だけかもしれません。クリスマスツリーは、かのマルティンルターが、木の枝から見える美しい星の光を子供達に見てほしいとの思いで、切り出した木を家に入れて、ろうそくで飾ったところから始まったという説があります。星の光は、ルターを慰める神様からの贈り物だったのでしょう。6人誕生したわが子のうち、二人も失ったルターは、喜びの日も悲しみの日も、神を信じ、み言葉に立っていたのです。クリスマスの飾りは、彼の信仰を表すものだったのです。頭だけの信仰、生活と切り離された信仰ではなく、それは一つになっていたのですね。

2017年11月19日 (日)

新しい人を着る  マタイ22:1-14  2017.11.19

神の国を、婚礼の祝宴、今でいえば結婚披露パーティーに例えている場面です。私たちから見ると、招待者が来なかった人への仕打ちや、婚礼の礼服についての記述は、「ありえへん!」というようなことでしょう。しかし、旧約聖書にはここに書かれた出来事に似たような物語があり、現実離れするようなことではありませんでした。特に、エステル記にある王妃ワシュテが王の招きに従わなかったことは、おもしろいところです。
 マタイのたとえ話は、王である神様は、王子であるイエス様のとの親しい交わりにすべての人を招いている、しかし、本当にイエスとともに歩むものは少ない、ということを語っているたとえであると言えます。救いは人間の行いや功績によるのではありません。民族や出自、身分などの関係なくすべての人に神様の救いは与えられます。
 注目することは礼服を着るとか、着ないということです。誰彼となく招かれた人の中には、礼服を持っていない人や着ていない人がいたのは当然です。ですから、宴に入るために、主催者によって礼服が渡されました。宴席に礼服を着ていない人がいたということは、潜りで入って来たか、礼服を脱いでしまったということになります。王の問いかけにも答えなかったというのですから、この人の態度は王や王子を侮辱したことになります。このことは、救いを受けて神の国に入れられても、やがてキリストを捨ててしまう、あるいは、主に倣って歩まないことを意味します。この国でキリスト者として生きることは、他の国のクリスチャンのようにふるまうことではありません。キリスト教を着るのではなく、イエスキリストを着るのです。新しい人を着る、ということです。遠藤周作氏は自分の信仰に関することを「だぶだぶの洋服を和服に仕立て直す作業」と表現したそうです。
 私たちのいるこのところも神の国であるなら、ここにいるにふさわしい信仰の表現があるはずです。

エペソ4:22-24 
 その教えとは、あなたがたの以前の生活について言うならば、人を欺く情欲によって滅びて行く古い人を脱ぎ捨てるべきこと、またあなたがたが心の霊において新しくされ、真理に基づく義と聖をもって神にかたどり造り出された、新しい人を身に着るべきことでした。

2017年11月12日 (日)

祝福を受ける マルコ10:13-16  2017.11.12

皆さんが子供であったときは、いつのことでしたか?本日は、子供祝福式があります。イエス様のところに来ようとする子供たちを叱った弟子たちに対し、神の国はこのような者たちのものである、子供のようにならなければ神の国には入れない、そのように言われた物語が、本日の聖書個所です。マタイの福音書では、「子供たちのようにならない限り、天の御国には入れない」とあります。


 私は今年、65歳になりました。いろいろ思いめぐらしていたとき、父が65歳の時に母と一緒に洗礼を受け、神の国に入れていただける証をしたことを思い出しました。5年前に92歳で召されましたが、「今が一番幸せだ」と晩年言っておりました。優しけれど、厳しい面も持っており、子供の時はびんたを喰らったことがあり、牧師になっても「そんなことで愛を説く牧師と言えるのか!」と叱られたこともありました。

亡くなる前の年に、こんなことがありました。教会の高橋牧師と小野牧師が、父の見舞いのために訪ねてくださいました。そのとき、姪の恵子が女児を出産して実家に戻っているときで、高橋先生が姪の祝福と父の癒しのために祈ってくださいました。その祈りが終わるや否や、父が祈り始めたのです。その中で「どうかこの子が世界一の美人になるように・・・とは申しませんが、お守りください!」とのことばに、私も含め皆が思わず笑い出しそうになり、長い父の祈りを堪える()のに大変でした。どこまでも素直で、子供のような父でありました。

いつまでも子供のような心を持ちたい、神様が私たちを神の子供としてくださったのですから、その素晴らしい恵みをともに味わいたいものです。

ヨハネ1:12

しかしこの方を受け入れた人々、すなわちその名を信じた人々には、神の子供とされる特権をお与えになった。

父の証し→「toshio_yamada.pdf」をダウンロード

2017年11月11日 (土)

チャリ茶会と映画会

去る10月21日、雨でした。しかし、第20回目の丘の上チャリティー茶会は、240名を超えるお客様が来られ、大盛会でした。野点はできず、会堂の中での席となりましたが、講演が聞けて、バックミュージックにバリトン演奏を聞けるという、考えてみれば贅沢な席ともなったわけです。カメラマンさんが写真を編集中ですので、日を改めてアップしたいと思います。お越しくださった方、席を持ってくださった先生方と社中の皆様、そして教会の兄弟姉妹の奉仕に、感謝いたします。

翌日22日も、雨でした。衆議院選挙、市長選の投票日でしたが、映画会「母」には、300人近い方が来てくださいました。監督の舞台挨拶もあり、ました。子役として出ていて、舞台挨拶もした上野神楽ちゃんは、山田監督のお孫さんです。少しおてんばの、かわいいお嬢さんでした。観てくださったある方は、「とてもよかった。しかしお客さんが年配の方が多いのが気になった。若い人達に観てほしかった。これからの時代を作っていく若者に、ぜひ見てほしい映画だ」と言われてました。長い間教師として勤め来られた方ならではの、感想だと思います。

これからの時代は、どうなっていくのでしょうか。マイカントリーファーストで、平和が訪れるのでしょうか。へりくだって、違う人たちと一緒に平和に暮らせる、お茶会のような世界が見られるようになったらと思います。

2017年11月 5日 (日)

人の手によらずできるもの  マルコ4:26-32  2017.11.5

  主イエスは、福音、神の国ことを話すときに、たとえ話を用いられました。これは福音書に限ったことであり、パウロなどの書簡には見られないイエス独自の語りということになります。今日でも、あることを伝えるためにたとえ話やストリーを用いることはよくあることです。私たちの生活は、毎日が新しい物語の連続であるといってもいいと思います。
 ある本には、新約聖書には43のたとえ話があると出ていました。イエスの語るたとえ話では、聞き手が知っている事柄、自然界にあるものが用いられています。本日の個所で使われているのは、種蒔きの話と、からし種にたとえた物語です。たしかに、世の中には農業の専門家や、植物の生態に詳しい方がいるでしょう。しかし、多くの人はそうではありません。でもいろいろ教えられて畑を耕し、収穫を上げている人は結構おられます。そんな方にお話を聞くと、作物が育つのは不思議だなと思うのですよね、などと言われます。28節にある「人手によらず」という言葉は、新改訳聖書2017では、「地はひとりでに実をならせる」と訳されています。英語のオートマチックという言葉のもととなるギリシャ語が使われています。たしかに、人間が地を耕し、水や肥料をあげているのですが、このような生長のわざを仕組んでいるのは神様であって、人から見れば私たちの知らないうちに、オートマチックに育つと感じるわけです。神の国は、人の力によってできるものではないのです。

 1コリント3:6
 私が植えて、アポロが水を注ぎました。しかし、成長させたのは神です。

また神の国は、からし種に例えられています。たしかに、洋からし(マスタード)の種は極めて小さいものです。しかし、鳥が巣を作るほどの大きな木になるというのです。鳥が巣を作るというのは,王様が力をもってある国を支配するさまを言う表現です。神の国は、たとい小さく頼りなく思えても、実は大きな力を持つのです。小さな信仰であっても、神様に大きく信頼しているとき、神の国はあなたの生活の中で、力強くあらわされるのです。

 ルカ17:56
  使徒たちは主に言った。「私たちの信仰を増してください。」しかし主は言わ
 れた。「もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があったなら、この桑の木に、
 『根こそぎ海の中に植われ』と言えば、言いつけどおりになるのです。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »