フォト
無料ブログはココログ

« 御子を待つ備え  マルコ1:1-8  2017.12.10 | トップページ | ベツレヘムに生まれる  ルカ2:1-20  2017.12.24 »

2017年12月17日 (日)

神に望みを置く  マタイ1:18-25 2017.12.17

イエスキリストの誕生は次のようであった、とあるが、ヨセフの物語が書かれている。冒頭に、マリアの妊娠は、聖霊によることであることが分かったとある。どのようにして、ヨセフがそのことを知ったのか、ちょっとわからない。この書き方は、ヨセフの物語の全体をまとめて、表現しているように思われる。あるいは、マリアが自分の身に起こったことを告げたとも考えられるのである。
 ヨセフは初め、これを受け入れられず、マリアを気遣って離縁しようとした。彼は正しい人であったということだから、当時の律法を守ることと、マリアの身を案じることの板挟みになってしまったのだろう。
 天使のお告げを聞いたヨセフは、聖霊によってマリアは身ごもったということを理解し、一緒に住むようになった。結婚式を挙げてともに住むようになったのである。そして、住民登録のためにガリラヤからベツレヘムへの旅をはじめ、馬小屋でイエスが誕生したのであった。
 ここには、彼の決断とその行いによって、その信仰をみることができる。「信仰は行いによって全うされる」(ヤコブ2:22)とあるとおりである。彼はどのような決断をし、身を処したのであろうか。
 ユダヤの社会において、婚約は結婚と同じ意味。しかし、結婚式を挙げるまでは一緒に住むことはなく、その日までそれぞれのところで暮らしていた。当時の律法では、婚約中の女性が不義を働けば石打の刑に処せられた。いわば、姦淫の現場でとらえられた女性のように、人々から石を投げつけられてしまうのだ。そんなことはとてもできないと考えたヨセフは、この話は最初からなかったことにしようとして、ひそかに離縁しようとしたのであった。しかし、主の使い、天使が夢の中に現れ、彼は神様の言葉を聞いた。そこで、このたびのことは神様から出たことであると確信した。それゆえ彼はマリアを迎え、正式に結婚したのである。離縁しなかったのである。
 私たちの生活にあてはめてみよう。肉の欲求ではなく、聖霊によって導かれる生活があるのだ。神望みを置いているのなら、必ず神のみ心がなるのである。


 
ガラテヤ5:16 私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。

水野源三 

一度も高らかに

クリスマスを喜ぶ賛美歌を歌ったことがない

一度も声を出して

クリスマスを祝うあいさつをしたことがない

一度もカードに

メリークリスマスと書いたことがない

だけどだけど

雪と風がたたく部屋で

心の中で歌い

自分自身にあいさつをし

まぶたのうらに書き

救いの御子の降誕を

御神に感謝し喜び祝う

 

« 御子を待つ備え  マルコ1:1-8  2017.12.10 | トップページ | ベツレヘムに生まれる  ルカ2:1-20  2017.12.24 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神に望みを置く  マタイ1:18-25 2017.12.17:

« 御子を待つ備え  マルコ1:1-8  2017.12.10 | トップページ | ベツレヘムに生まれる  ルカ2:1-20  2017.12.24 »