フォト
無料ブログはココログ

« 新年もよろしく | トップページ | 新しい年への期待 »

2017年12月31日 (日)

新しい旅の備え  マタイ2:13-23   2017.12.31

 今年2017年は、残すところ本日1日となりました。それぞれに、どのような年であったかを振り返り、何かしらの希望をもって新しい年を迎えようとされていると思います。
 光があれば、闇がある。陽があれば、陰もある。これは、天地創造の時からある神秘ではないかと、つくづく思わされます。
 この一年、良いことがあれば悪いこともあった、理不尽な訳の分からないこともあった、まさに私たちは、光と闇の中に置かれていると言っていいでしょう。
 主イエスの御降誕の物語には、光があります。世の光としてイエスはお生まれになったので、クリスマスは光の祭典ともいわれます。しかし、東方の博士たちが来た時の物語は、闇のようなお話です。ヘロデ王による、幼児虐殺が描かれているのです。考えようによっては、イエスが生まれたからこのようなひどいことが起きたのだ、クリスマスなどというのはけしからん、という話にもなりかねない出来事です。話を拡げて、これだから宗教は危ないのだ、ということになっていくでしょう。ここで詳しく書くことはできませんが、日本において秀吉、家康の時代に禁教令や鎖国に踏み切ったのには、キリスト教が入ってくるとこの国は戦乱に巻き込まれ他国によって無理やり支配されてしまう、ということがその理由の一つだと言われているのです。
 「キリスト教徒ではないからクリスマスはばか騒ぎができる」という趣旨の本を年末に読みました。外国のものを宗教抜きに取り入れ、ひいてはキリスト教がなかなか根付かいない日本人の精神構造が良く書かれていると思いました。たしかに、イエス誕生という光の中で、幼子が殺されるという闇のような出来事が起きました。しかしカトリック教会の暦では、1228日を「幼子の殉教者の日」としてこれを覚えているのです。また、あるキリスト教劇の台本にはこの出来事を取り上げる劇があり、そのタイトルは「最初の殉教者」となっています。
 大切なのは、この闇のような出来事、陰のことを忘れないことです。痛みとともに、そのことを受け止め、その中にある神様のみ心を悟ることです。私たちの気持ちを荒立たせるような出来事やニュースが、国の内外に多く聞かれるようになりました。ついつい、慌ててしまいがちです。このような時こそ主の言葉に聞いて、静かな心を取り戻して、新しい年、新しい旅の備えをしてまいりたいと思います。


  
1ペテロ4:74:7
 
万物の終わりが近づきました。ですから、祈りのために、心を整え身を慎みなさ  
 い。

« 新年もよろしく | トップページ | 新しい年への期待 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/72577866

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい旅の備え  マタイ2:13-23   2017.12.31:

« 新年もよろしく | トップページ | 新しい年への期待 »