フォト
無料ブログはココログ

« 市民講座とチャリティー茶会 | トップページ | こころの底力を保つために »

2018年1月28日 (日)

神の裁きとあわれみ  ヨエル2:12-17  2018.1.28

 聖書の世界観を、あえて一言でいえば、世界の創造と裁き、と表されるかもしれません。創世記には、人間を含む世界の創造が記されています。この世界は神様の秩序があるゆえに、大変美しいものでした。しかし罪の故にそれは崩れ、不幸な世になってしまいました。陶器師が自分の作品を作り直すように、神様はこの世界を裁かれ、新しい創造をされました。黙示録に、その物語が記されており、それは未来の出来事です。
 古今東西、長い歴史の中で、人は自分たちの力を超えた存在によってこの世が裁かれる、何かしらの審判を受けると考えていたようです。キリスト教圏においては、それは聖書に基づいています。ミケランジェロの描いた「最後の審判」は、もっとも有名な作品と言えるでしょう。神様は裁きを下される怖い存在なのか、あるいは、今自分の身に降りかかっている禍はすべて神の裁きなのか、これは突き詰めると難しい問題で、回答を見出すのは困難なことであると思います。
 聖書は、創造者である神は、愛の方であるとのべています。しかし私たち人間は罪を犯してしまったがゆえに、そのことがなかなかわからないのです。1ヨハネ4:9「愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。」そのような私たちのためにイエスキリストが来られ、十字架にかかって私たちの代わりに神の罰を受け、ここに神様の愛が示されたのでした。そこに私たちは、感動するのです。
 預言者ヨエルが語ったのは、神は慈しみ深い方である、ということです。それゆえに、生きている時に私たちが心を変えて、神様に立ち返ることが必要なのです。神の裁きとあわれみは対立するものではなく、今ここにあるのです。神様に立ち返って今日という日を過ごすことが、神様のあわれみを知ることとなるのです。
 ローマ11:22見てごらんなさい。神のいつくしみときびしさを。倒れた者の上にあるのは、きびしさです。あなたの上にあるのは、神のいつくしみです。ただし、あなたがそのいつくしみの中にとどまっていればであって、そうでなければ、あなたも切り落とされるのです。

« 市民講座とチャリティー茶会 | トップページ | こころの底力を保つために »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/72783890

この記事へのトラックバック一覧です: 神の裁きとあわれみ  ヨエル2:12-17  2018.1.28:

« 市民講座とチャリティー茶会 | トップページ | こころの底力を保つために »