フォト
無料ブログはココログ

« 主を求めて生きよ  アモス5:4-15  2018.2.4 | トップページ | 思い直す神  ヨナ3:1-10 2018.2.25 »

2018年2月11日 (日)

主の日への備え  オバデヤ1:11-16  2018.2.11

明日はボーイスカウト春日部10団が所属している東埼玉地区のプログラムで、BP祭が行われます。BPというのは、ボーイスカウト運動の創立者である、英国クリスチャンのベーデン・パウエルの頭文字です。ここからボーイスカウトのモットーである「備えよ常に」Be Preparedが作られています。あらゆることに対する備えを日々して過ごすことが、社会人として必要なことであるといつも教えられます。
 本日のテキストであるオバデヤ書は、旧約聖書の中で最も短い書です。著者であるオバデヤという意味は、主の礼拝者、または、主のしもべというものですが、彼の人物像、著作年代などは不明です。エドムの滅亡を預言し、そのような中でも、神の救いがあることを伝えています。
 エドム人の祖先は、イサクの子供である双子の兄エサウです。彼は空腹の故に、一杯の食物を長男の権利と引き換え、そのために長男としての祝福を父から受けられなかった、ある意味不遇な人物です。これらの物語は創世記2527章に記されています。また新約聖書には、「一杯の食物と引き替えに自分のものであった長子の権利を売ったエサウのような俗悪な者がないようにしなさい。」(へブル12:16)とあるように、その人物評価は低いものです。もっとも、このできごとには弟ヤコブの兄を押しのけようという悪だくみが働いていたのであり、あながち、エサウだけを責めるわけにはいきません。それはともかく、エドム人は昔からイスラエルに戦いを挑み、アラビア人によって圧迫されるとユダ王国にも侵攻していったのです。前13世紀から8世紀にかけて繁栄と発展を遂げていったのですが、やがて他民族に吸収され滅んでしまいます。


 なぜエドム人は、このようになってしまったのでしょうか。その理由の一つは、高慢です。3節に「あなたの心の高慢は自分自身を欺いた。あなたは岩の裂け目に住み、高い所を住まいとし、『だれが私を地に引きずり降ろせようか』と心のうちに言っている。」とあるとおりです。また、他国の侵略を受けて苦しんでいるユダ王国に対して、見て見ぬふりをしているどころか、かえって国の混乱に乗じて略奪を行った、その非情さの故です(11-14)。このようなこと忘れないユダヤ人の思いが、後世まで受け継がれていきました。「主よ。エルサレムの日に、『破壊せよ、破壊せよ、その基までも』と言ったエドムの子らを思い出してください。」(詩篇137:7)
 現代の私たちの社会でも、兄弟同士の争い、他の民族との争いがあります。たとえて言えば、殴ったほうは忘れても、殴られたほうはたといごめんなさいと言われても、その痛さや屈辱は決して忘れることができないのです。お互いに本当に謙遜にならなければ、真の和解は来ないでしょう。
 主の日とは、神の裁きの時を表します。その時には、人は神様の前に申し開きをしなくてなりません。今日という一日を、その備えとして真実に過ごしていかなくてはならないのです。

« 主を求めて生きよ  アモス5:4-15  2018.2.4 | トップページ | 思い直す神  ヨナ3:1-10 2018.2.25 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/72885776

この記事へのトラックバック一覧です: 主の日への備え  オバデヤ1:11-16  2018.2.11:

« 主を求めて生きよ  アモス5:4-15  2018.2.4 | トップページ | 思い直す神  ヨナ3:1-10 2018.2.25 »