フォト
無料ブログはココログ

« 主の日への備え  オバデヤ1:11-16  2018.2.11 | トップページ | 教会のために生まれた方  マラキ5:2-9  2018.3.4 »

2018年2月25日 (日)

思い直す神  ヨナ3:1-10 2018.2.25

以前、聖書の読み方を京都の望洋庵で、すでに天国の民とされた溝部司教から教わったことがあります。日本文化宣教協力会の主催行事で、訪れた時のことでした。聖書をきちんと学んだあとで、自由にその場面を描いてもよいとのお話にほっとするとともに、とても励まされました。
 ヨナ書は4章からなっている物語で、うまい具合に起承転結という感じで読むことができる個所です。紀元前の物語で、その舞台も外国ですから、実際の場面はどうであったのかを知るのが難しいところです。なので、かえって自由に聖書を読みながら、ヨナの物語を思い描いたらよいと思います。ヨナという人物は、神様の命令を聞きながら最初はそれに従わず、大変な海難にあってしまい、なんとか助かってミッションが成功したにもかかわらず、機嫌を損ねてひきこもるという、なんとも情けない預言者です。そういう預言者だからこそ、なんとなく心ひかれる人物でもあるわけです。この物語の中に、神は思いを変える方である、思い直す方であることが示されています(9,10)。基本的に神は変わることのない方です。
 
1サムエル15:29 実に、イスラエルの栄光である方は、偽ることもなく、悔いることもない。この方は人間ではないので、悔いることがない。」

 
しかし神様の願いは、すべての人が救われることです。

1テモテ2:4 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。
 
神は、悪に染まった人たちを滅ぼそうとする思いを変えてくださる方なのです。そのために必要なことは、私たち人が悔い改めることです。難行苦行のいる難しいことでも、お金のかかることでもありません。誰でもできることなのです。それは、自分の罪を認めお詫びし、それを捨てて神様のほうに向きを変えることです。いや、そんなことがかえって難しいのかもしれませんね。でも難しくしているのは人間、すなわち私たち自身であって、神様ではないのです。ヨナの物語から知るのは、私たちに対する神様の深いあわれみと愛の心です。

ヨハネ3:16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

« 主の日への備え  オバデヤ1:11-16  2018.2.11 | トップページ | 教会のために生まれた方  マラキ5:2-9  2018.3.4 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/72988582

この記事へのトラックバック一覧です: 思い直す神  ヨナ3:1-10 2018.2.25:

« 主の日への備え  オバデヤ1:11-16  2018.2.11 | トップページ | 教会のために生まれた方  マラキ5:2-9  2018.3.4 »