フォト
無料ブログはココログ

« 教会のために生まれた方  マラキ5:2-9  2018.3.4 | トップページ | 神の宮を見て  マルコ19:1-11 2018.3.25 »

2018年3月11日 (日)

キリストによって建て上げられる教会  エペソ2:19-22 2018.3.11

 

教会とは、イエスキリストを救い主と信じている人たちの集まりです。よく「目に見えない教会」という表現を使いますが、これは時代や場所に限定されない、教会の本質的な性質を示しています。エルサレム教会から始まる、キリスト教2000年の歴史の中で、いろいろな国や地域に建てられたのが、「目に見える教会」です。実際には、その目に見える教会に私たちは集っているわけです。
 教会のメンバーは、何よりも聖徒であり、肉によらない神によって生まれた家族の一員なのです。国籍や性別、その置かれた境遇などにはよらない、新しい交わりのかたちです。その土台が使徒と預言者であるというのは、彼らの語る言葉、すなわち、聖書がその土台であるということです。礼拝や交わりなどの教会のあらゆる働きだけでなく、聖徒であるクリスチャン一人一人の生活の究極の権威が、聖書なのです。教会全体で聖書を学ぶ、個人でもデボーションを大切にする、それが霊の糧となっているのです。

「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。」詩篇119105


 さらにこの教会は、キリストによって建て上げられるのです。教会のかしらであるキリストは、十字架にかけられて、罪の赦しを成し遂げてくださいました。しかし、それでキリストの生涯は終わったのではありません。墓に葬られましたが、三日目によみがえられたのです。復活されたのです。十字架と復活こそ、教会が建っていくもっとも固い基礎なのです。
 2006923日にNHKで「探検ロマン 世界遺産『エルサレム、34億人の成都』」という番組が放送されました。その番組の中に、イエスが葬られた墓の上に建てられている聖墳墓教会で12年間奉仕しておられた唯一の日本人神父、春山勝美神父(200711月に帰天)が取り上げられていました。カメラマイクの前で、こう言われました。「ここは復活聖堂なのです」「イエスキリストの復活がなければ、こんなところで奉仕はしていません」さらに、インタビューが「復活とは何ですか」と尋ねると、「復活とは、キリストが生きていることです」と答えておられたのです。まさに、教会が何によって建てられているのか、その核心をついたお答えでした。

 41日は復活祭。キリストによって建て上げられる教会の祝福を、ともに味わいたいものですね。

« 教会のために生まれた方  マラキ5:2-9  2018.3.4 | トップページ | 神の宮を見て  マルコ19:1-11 2018.3.25 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/73079204

この記事へのトラックバック一覧です: キリストによって建て上げられる教会  エペソ2:19-22 2018.3.11:

« 教会のために生まれた方  マラキ5:2-9  2018.3.4 | トップページ | 神の宮を見て  マルコ19:1-11 2018.3.25 »