フォト
無料ブログはココログ

« 信仰によって生きる ハバクク2:1-4  2018.4.15 | トップページ | 父の約束、御子の命令  使徒1:1-11  2018.5.6 »

2018年4月29日 (日)

主の日-裁きと祝福  ゼパニヤ1:1-9  2018.4.29

本書の著者であるゼパニヤについては、短く書かれています。5代前までさかのぼって先祖の名前が書かれていますが、これだけではどのような家系であったのか、わかりませんね。時代の背景は、南王国ユダの王はヨシヤであったとあります。BC640609年ごろと思われます。ヨシヤは、天地を造られた神への礼拝を回復し、律法の書を発見して改めて朗読させ、過ぎ越しの祭りのいけにえを捧げた人物でした。「宗教改革」を成し遂げた王として評価されています。しかしエジプト王ネコとの戦いにおいて、ユーフラテス河畔のカルケミシュにおいて戦死してしまいます。この辺りのことは、Ⅱ歴代誌3435章を参照してください。
 ゼパニヤ書は、他の小預言書と共通しているように、主の日が近づいていることと、その日に備えることが中心的なテーマとなっています。主の日は、終末における神の裁きの時であり、すべての人、特にエルサレムに住んでいる人に臨む厳しい時であると言えます。すべてのものを造られた主である神は、陶器師が失敗した作品を作り直すように、この世界をリセットしてもう一度新しくすることのできる方なのです。しかしそれは、悔い改めて神に立ち返った者にとっては、祝福の時ともなっています。新約聖書によれば、死んだ人もよみがえるという、イエスキリストによってなされた救いの御業が完成する時です(
ヨハネ6:39  わたしを遣わされた方のみこころは、わたしに与えてくださったすべての者を、わたしが一人も失うことなく、終わりの日によみがえらせることです。)。裁きの日であるとともに、祝福の日でもあるのです。
 使徒の働きやパウロの書簡を見ると、主の日は終末という未来の日を表すだけでなく、週の初めの日に集まり、礼拝をささげる日であったということがうかがえます。使徒20:7には「週の初めの日に、私たちはパンを裂くために集まった。」とあり、今日でいう聖餐式を守っていたり、他の個所を参照すると、献金をしていたことがわかるのです。日曜日は、言うまでもなく、イエスキリストがよみがえられたことを記念する日です。その日を主の日、聖日と言ってともに集い、礼拝を守り、またお互いに愛の奉仕をする(
1ペテロ4:7,8万物の終わりが近づきました。ですから、祈りのために、心を整え身を慎みなさい。何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです。)日となっていったのです。このことは、主の日の過ごし方について示唆を与えています。
 主の日が神の裁きの日であるとともに、祝福の日であることを覚えて、慎みをもって過ごしたいものです。

« 信仰によって生きる ハバクク2:1-4  2018.4.15 | トップページ | 父の約束、御子の命令  使徒1:1-11  2018.5.6 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/73385300

この記事へのトラックバック一覧です: 主の日-裁きと祝福  ゼパニヤ1:1-9  2018.4.29:

« 信仰によって生きる ハバクク2:1-4  2018.4.15 | トップページ | 父の約束、御子の命令  使徒1:1-11  2018.5.6 »