フォト
無料ブログはココログ

« 神の愛の証人  ヨハネ13:31-35  2018.7.29 | トップページ | 勇気を出しなさい  ヨハネ16:29-33  2018.8.26 »

2018年8月 5日 (日)

イエスを信じる者の姿  ヨハネ15:11-17  2018.8.5

祈り会の学びのテキストとして、ハンス・ビュルキ師の「主の弟子となるための交わり」という本を使っています。ビュルキ師はすでに召された方ですが、キリスト者の霊性に関して、大きな影響を与えた方であったと思います。この本の中に「信仰の働き-能動的か、受動的か」という章がありました。神様を信じている人の信仰の方向は、二者択一、あるいはどちらかを排除するのではなく、その両面があるというのが、師の言おうとされたことであると思います。
 たしかに、私がイエス様を信じた時のことを思い返すと、その両面があったと思います。高校3年生の終わりころ、ある日曜日の礼拝後に、通っていた教会の牧師の個人伝道によって、「はい、イエスを信じます」と言ったのはわたしの決断でした。しかしのちに思い返すと、その日に限って「今日、イエス様を信じたい」という思いが強くなっていたのです。また聖餐式では、礼拝に集っている人の中でまだイエス様を信じていない人が信じることができるように、との祈りがささげられていたのです。これらのことを思うと、神様が私を信仰に導いてくださったのであって、自分はそれを知らずに受け入れただけなのだ、ということもできるのです。
 本日のテキストの16節は、まさにこのことを裏付けるみ言葉であり、イエスを信じる者が生涯貫く信仰の方向、信仰生活を送る姿勢にもなっているのです。神様がしてくださることがある、そして人もなすべきことがある、そのすべては実を結ぶためなのです。ブドウが実をつけるのは、房が枝に結びつき、枝は幹に結びついているからだ、というのは誰でも知っています。もちろん、しっかりと根を張っていなければならないことは、いうまでもありません。これは、私たちがイエスに結びついていることの必要を語る、イラストレーションです。文脈から言えば、この実とは、イエス様がおっしゃった互いに愛し合うという生活、愛という実のことでしょう。
 「桃栗三年柿八年、柚子の大馬鹿十八年」という言葉あるそうです。短いスパンで人を見るのではなく、長い目で見なさいということを教えている言葉でもあるそうです。丘の上にある柚子の木もまさにその通りで、ずっと実をつけなかったのですが、今年は青い実をたくさんつけているのです!うれしくなりました。枝を落としたり、根を切ったりしましたが、そのまま置いておきました。イエス様に結ばれていること、それが信仰者の姿であり、実を結ぶ人生となるのです。

ルカ1:38
  マリアは言った。「ご覧ください。私は主のはしためです。どうぞ、あなたの
  おことばどおり、この身になりますように。」

« 神の愛の証人  ヨハネ13:31-35  2018.7.29 | トップページ | 勇気を出しなさい  ヨハネ16:29-33  2018.8.26 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/73973340

この記事へのトラックバック一覧です: イエスを信じる者の姿  ヨハネ15:11-17  2018.8.5:

« 神の愛の証人  ヨハネ13:31-35  2018.7.29 | トップページ | 勇気を出しなさい  ヨハネ16:29-33  2018.8.26 »