フォト
無料ブログはココログ

« イエスを信じる者の姿  ヨハネ15:11-17  2018.8.5 | トップページ | 一つに合うまで  ヨハネ17:20-26  2018.9.2 »

2018年8月26日 (日)

勇気を出しなさい  ヨハネ16:29-33  2018.8.26

本日の聖書個所は、弟子たちと過ごした晩餐の席で語られた、訣別の説教ともいえる部分の最後となります。17章は大祭司としての祈りです。文字通り、主の祈りといえるでしょう。
 ここで語られていることは、これから自分は十字架に渡され一人になり、弟子たちは散らされていく、それでもなお恐れたり心配しないで勇気を出しなさい、ということです。いろいろな喩をもってご自分のことや、神の国について語ってこられたイエスは、ここに至って、はっきりとお話になったのです。そういわれて弟子たちは、初めてイエスを信じたのではありません。30節にある「わかりました」という言葉の意味は、イエスが神の子救い主であることを、弟子たちは腑に落とすことができた、ということでしょう。
 イエスの言葉の中で、「散らされて」という言葉があります。イエスが処刑されると、弟子たちの多くは家に帰ったようです。ガリラヤの漁師だったペテロたちは、又網を打つものとなっていましたが、湖畔で復活の主と出会います。使徒の働きを見ると、初代教会のクリスチャンたちは、迫害によって散らされていきました。しかしその散らされたところで、み言葉を宣べ伝えていたのです。
 
使徒8:14  サウロは、ステパノを殺すことに賛成していた。その日、エルサレムの教会に対する激しい迫害が起こり、使徒たち以外はみな、ユダヤとサマリアの諸地方に散らされた。…散らされた人たちは、みことばの福音を伝えながら巡り歩いた。
 
1世紀の後半、ユダヤ人の一部は、ローマ帝国からの独立を訴えてエルサレムを占拠し、それが戦争となります(ユダヤ戦争)。結末は、70年にエルサレムがローマ軍によって占領され、神殿は破壊され、73年にマサダの砦が陥落して、ローマの勝利に終わります。以後、ユダヤ人は全世界に散らされていきました。20世紀になっても、なお迫害を受けていた民族です。彼らは、散らされたところで共同体を作り、シナゴグ(会堂)を建てて礼拝を守り続けています。
 キリスト者も散らされましたが、それぞれのところで共同体(教会)を立ち上げ、み言葉を宣べ伝え、今日に至っています。しかし教会は、それぞれの地域、国々の文化や習慣の中で、信仰を育んでいったのです。ですから、一言でキリスト教会といっても、実に多様です。福音は、一民族に限るものではなく、世界に広がるいのちを最初から持っていたからです。様々な困難の中でも、イエスによって与えられ「勇気を出しなさい」という言葉に励まされてきたのです。

« イエスを信じる者の姿  ヨハネ15:11-17  2018.8.5 | トップページ | 一つに合うまで  ヨハネ17:20-26  2018.9.2 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/74097995

この記事へのトラックバック一覧です: 勇気を出しなさい  ヨハネ16:29-33  2018.8.26:

« イエスを信じる者の姿  ヨハネ15:11-17  2018.8.5 | トップページ | 一つに合うまで  ヨハネ17:20-26  2018.9.2 »