フォト
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月14日 (日)

主の定め  詩篇2:1-12  2018.10.14

樹木希林さんが茶の湯の先生をしている映画、「日日是好日」の上映が、13日から始まりました。記念の試写会は、希林さんの追悼茶会になったそうです。この映画のもとは、森下典子さんの同名のエッセイです。この本の解説を噺家の柳家小三治さんが書いておられるのですが、そこに「つぶやきでなく、声に出して読んでください」とありました。実際私も声にだしてこの本を読んでみると、黙読とは違う感動、発見がありました。ぐっとこみあげてくるものがあったのです。

聖書はもともと、それを読む人によって聞く神様の言葉です。詩篇などは、読むだけでなく、歌うものです。黙読する、静かに読むことももちろん良いのですが、声に出して読むことによって、そのような読み方では感じなかったことを、きっと感じることができるでしょう。ご自分の読み方で、時にはゆっくりと、ときには表題にあることを基に情景をイメージしながら読んでいくと、新しい気づきがあると思います。

詩篇第2篇は、参考書を見ると、王の詩篇と言われる部分に属するとありました。この地上の国々や地域には、それぞれを治めている王や為政者がいます。しかし眞の王は、天地を造られた神様ご自身であり、イエスは人としてこの地上に来られた、私たちの王様です。

  1-3節は、この地上の営みが描写されています。21世紀になって、なお国々の争いがあり、自分たちの利益しか考えず、世界征服を企んでいるかのような出来事が起きているのです。
  そのような人間の営みを、1篇に書かれているように吹き飛ばされていく籾殻のように笑っている神様の姿が、4-6に書かれています。しかしその神様の笑いは、争っている人たちを哀れみ、救いの御子を遣わそうという深い思いやりから出ているのです。
  7-9にあるみ言葉は、イエスキリストの誕生と宣教によって実現したのです。紀元前の時代には、まだそのことは預言して語られており、このみ言葉を聞いた人は、私たちのようにキリストの誕生を知ることはありませんでした。しかし預言者の言葉によって、まことの王である神様を知っていったことでしょう。
いつの時代であれ、このことを知った者たちの取るべき態度が、最後の10-12に描かれています。自らをわきまえ、王である神様の前にひざまずき、滅びの道ではなく、命の道に歩むことが主の御心です。「御子に口づけする」とは、あまりなじまない表現ですが、主イエスキリストに対する愛の表現です。この方の愛を受け、私もお仕えいたします、という感じでしょうか。
  主の定めは、滅びの道を行くのではなく、そこから立ち返るために御子イエスキリストを遣わしてくださった、救いの物語なのです。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »