フォト
無料ブログはココログ

« 福音の真理に向かって  ガラテヤ2:14-21  2018.11.4  | トップページ

2018年11月11日 (日)

主の御名を呼ぶ  マタイ21:12-17  2018.11.11

本日は、子供祝福式が行われました。先月のツアーの折には、エルサレムの嘆きの壁(西の壁)で、バーミツバーの祝いを見ることができました。13歳になった男子のお祝いで、日本で言えば成人式のようなものです。これは大人になったことを祝うものですが、古今東西いつの時代にも、次の時代を担う子供や幼子を祝福する行事がありますね。イエス様が子供たちを祝福したり、皆の前で立たせたりするときは、大人たちへのメッセージ、時には皮肉とも終えるような言葉を語られています。 

本日のテキストは、イエス様の生涯最後の1週間の第2日目に当たる出来事です。週の最初の日に都エルサレムに入られ、翌日は神殿で売り買いしている人や両替人達を追い出すという、ショッキングなことをされました。「宮きよめ」といわれる出来事です。その中で、マタイだけが子供たちが「ダビデの子にホサナ」と言っていたときしています。
 都に入られる時は、子供だけでなく大人たちも棕櫚の葉を取って叫んでいたのですから、子供たちは次の日になってもなお、その興奮が残っていたのでしょう。しかし、そんな子供たちを、祭司長たち大人は腹を立てたのです。現代も、うるさくしている子供たちに対し、不快感を表す人がいますね。
 しかしこの子供たちはただやかましくしていたのではなく、主なる神様を呼んでいたのです。イエス様は彼らの様子を、詩篇8篇を引用して、素晴らしいことであると言っているのです。この詩篇は、世界を造られた神を賛美する歌です。私たち人間だけでなく、被造物もすべて、神をたたえているということでしょう。

主を呼ぶとは、神様への信頼の表現です。たといどのようなつらいところにいても、主を呼ぶことができるのです。神の子であるイエス様自身が、この後、ゲッセマネの園で父なる神様をうめきながら呼んでおられるのです。それは、苦悶の祈りでした。私たちも苦しみの中でこそ、主なる神を呼び、そのお方が聞いてくださると知る時、「主よ、み心をなしたまえ」と委ねる信仰の祝福にあずかることでしょう。
 30歳に満たずに亡くなったキリスト者の詩人、八木重吉は、このような詩を残しました。

さて あかんぼは なぜ あん あん あん あん なくのだろうか

ほんとに うるせいよ

あん あん あん あん あん あん あん あん

うるさか ないよ うるさか ないよ よんでいるんだよ

かみさまをよんでるんだよ みんなもよびな あんなに しつっこくよびな

 

 おさなごのような心で、主を呼び求めていきたいですね。

「主の御名を呼び求める者はみな救われる」のです。ローマ10:13

« 福音の真理に向かって  ガラテヤ2:14-21  2018.11.4  | トップページ

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/74568815

この記事へのトラックバック一覧です: 主の御名を呼ぶ  マタイ21:12-17  2018.11.11:

« 福音の真理に向かって  ガラテヤ2:14-21  2018.11.4  | トップページ