フォト
無料ブログはココログ

« 朝を迎える幸い  詩篇3:1-8  2018.11.18 | トップページ | 荒野で神を信じる  ガラテヤ3:7-14  2018.12.2 »

2018年11月23日 (金)

罪びとを救う十字架の言葉  ルカ23:33-43

本日の個所は、救いの物語が明確に述べられている箇所の一つです。

ゲッセマネの園で捕えられたイエスは、夜のうちに裁判を受け、人々の手に渡され、死刑にされるために、自分がはり付けられる十字架を担いで刑場へと歩いて行かれました。その場所はどくろと呼ばれるところでした。エルサレムには、イエスが十字架につけられ葬られた言われている場所が二つあります。郊外にある園の墓と呼ばれているところは、文字通りどくろのように見える丘の近くにあります。もう一つは、聖墳墓教会のドームの下にある場所で、建物に覆われています。しかしこの二か所に共通しているのは、死人を葬る墓ではあるのですが、イエスの復活を証しているのです。どくろは、人の死を表しています。しかし、イエスを信じるものは、死んでも生きるという復活の信仰をいただいているのです。

イエスのつけられた十字架の両側には、極悪人が二人つけられておりました。一人は、イエスをあざける群衆と同じように、イエスに悪態をついていました。しかしもう一人は彼をたしなめ、イエスにこう言うのです。どうかわたしを思い出してください、と。

これは、自分の悪事をみとめ、イエスにお詫びをしている姿です。罪の悔い改めと、イエスを信じる信仰の表明です。それに対してイエスは、「あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます」と応えられました。パラダイスとは、神様とともにいる場所です。天国と言っても、良いと思います。罪(つみ)というのは、いわゆる悪事であったり、人の心の中にある悪い思いというのではありません。神様から離れ、わがままな自己中心な思いのことです。この罪をわびてイエスを信じる者は、救われるのです。

十字架の下で、イエスの着ている物をくじ引きで分けていたのは、イエスを十字架につけたローマ兵でした。しかし、十字架につけた者とは、罪を持っている私たち全員なのです。もっと端的に言えば、あなたがイエスを死に追いやったのです。

イエスはこのような私たち罪人を救うために、まず赦しの祈りをされたのでした(34)。くだんの犯罪人はこの言葉を聞いたので、イエスに救いを求めたのかもしれません。イエスを信じる者は、皆、救われるのです。

東方教会(ギリシャ、ロシア正教)の十字架は、八端十字架と言われます。普通の十字架より、2本、線が多いのです。上には罪状書きを表す横線、そして足元には、斜めになった線が書かれています。上に上がった部分は救いを表しますが、下に下がった部分は、悔い改めることなく裁きに下さることを表しているのです。

Ⅰコリント1:18

 十字架のことばは、滅びる者たちには愚かであっても、救われる私たちには神の力です。

 

« 朝を迎える幸い  詩篇3:1-8  2018.11.18 | トップページ | 荒野で神を信じる  ガラテヤ3:7-14  2018.12.2 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425983/74654262

この記事へのトラックバック一覧です: 罪びとを救う十字架の言葉  ルカ23:33-43:

« 朝を迎える幸い  詩篇3:1-8  2018.11.18 | トップページ | 荒野で神を信じる  ガラテヤ3:7-14  2018.12.2 »