フォト
無料ブログはココログ

« 教会を通して広まる福音  使徒11:19-26  2019.1.13 | トップページ | 神はいない、と言う者  詩篇14:1-7  2019.1.27 »

2019年1月20日 (日)

逃げ場  詩篇11:1-7  2019.1.20

 昨年、長崎の潜伏キリシタン遺跡群が世界遺産に登録されました。キリシタン殉教の歴史は、ステンドグラスの入った教会のたたずみと合わせて、ロマン的歴史として語られるかもしれません。しかし当時の吟味、取り調べは過酷なものでした。映画にもなった遠藤周作氏の「沈黙」に登場する井上政重、通称築後守は、キリシタンや宣教師、神父を捕らえて処刑するというこれまでの方針を変え、彼らを棄教させる、つまり転ばせることに精力を使いました。私なりに彼のその方針にあるものは、キリシタンたちが信じている神などいないではないか、ということを示すことにあったと思います。「神がいるならば、どうしてこんなひどいことが起きるのか、神がいるならばこの苦しみから救われるはずではないか、しかし神は何も言わない、お前たちの信じている神などいないのだ!」ということでしょう。

 詩篇11、そして14篇は、信仰者に神の不在、神を信じることの愚かさを訴えている人に対し、主なる神は確かにおられ、その方のもとに安らぐことの幸を歌ったものです。11篇の背景は、作者が何者かに追われ、そこから逃げている出来事があったと思われます。3、7篇の表題と似ていますね。たしかに、逃げることなく立ち向かうことは大切なことです。過日引退を表明した稀勢の里関は、自分の立場から逃げることなく最後まで綱を張った力士であったと思います。

 しかし時には、逃げなければ、あるいは避けなければ自分の命を失うことがあります。大切なのは、逃げ場や避難所はしっかりと保護してくれるところであるかどうか、ということです。この詩篇の作者、それはダビデであると思われますが、主なる神様こそ私たちを守ってくださる真の避け所であると歌っています。

 「鳥のように自分の山に飛んでいけ」とは面白い表現です。丘の上教会の東側には、森があります。そこは野鳥のねぐらとなっています。朝にはキジの甲高い声が聞こえ、夜にはフクロウの低い声が聞こえてきます。新聖歌313番は、このテーマをうたった讃美歌と言えるでしょう。「鳥のごと山に逃げよわが魂、真清水は傷を たちまち癒さん、仇びとは間近に攻め来る時も、救い主そばにませばなど恐れん、ませばなど恐れん」

 聖書には、預言者をはじめ多くの人たちが逃げ場を持ち、そこに身を避けることによって癒されて再び立ち上がる様が描かれています。キリスト教会では、リトリート(退修会)、サバティカル(安息)といった呼び名で、普段の生活から離れて静まり、再び立つ力を受ける期間を持つことが勧められています。どのような困難があっても、身を避ける場所がある。誰が何と言おうと、主なる神が私たちの逃げ場となってくださっているのです。

« 教会を通して広まる福音  使徒11:19-26  2019.1.13 | トップページ | 神はいない、と言う者  詩篇14:1-7  2019.1.27 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ場  詩篇11:1-7  2019.1.20:

« 教会を通して広まる福音  使徒11:19-26  2019.1.13 | トップページ | 神はいない、と言う者  詩篇14:1-7  2019.1.27 »