フォト
無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

悔い改めなければ  ルカ13:1-9  2019.3.31

受難節、第4主日となりました。本日のテキストは、思いがけない災難に遭った人たちのことが描かれている箇所です。20113月のあの大震災、津波、そして原発事故の後に書かれたこの個所の注解、あるいは引用した文章を読むと、それ以前の物と内容が違っているように感じます。ほかの人と言うより、私もこの個所の読み方、理解の仕方が変わったと思っております。何よりも、聖書に書かれていることは他人ごとではなく、まず自分自身に向けられている言葉であるという理解です。これは当たり前のことなのですが、実際にはそこに描かれているイエス様の物語をどれだけ真剣に自分のこととして捉えているか、探られるところです。

イエスが大勢の人々に話をされているまさにその最中に、ある人達がやってきました。そして、ガリラヤ人がその礼拝中に危害を加えられ、死傷者が出ている、というようなことを告げたのです。犠牲になった人たちは、神様の罰が当たった罪深い人達ではなかったのか、と思った人がいたのでしょう。イエスはすかさず言われました。「そんなことはありません。わたしはあなたがたに言います。あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます。」と。そして、シロアムの塔が倒れ、下敷きなってしまった人たちの出来事を引き合いに出して、再び同じことを言われたのです。1-5節までのキーワードは、「悔い改めなければ」ということです。

悔い改めとは、方向を変えること、神様のとのかかわりでいえば、神に立ち帰ることです。続いて語られたぶどう園に植えたいちじくの木のたとえ話は、その悔い改めの実が結ばれなければ、切倒されてしまう(滅ぼされてしまう)ということです。口先だけではない真の悔い改めには、目に見えるもの、実際生活の変化が必ずあるということです。イエスの苦難は、ご自分の罪の故ではなかったので、悔い改める必要はありません。その苦難が、自分のためであったことを知る時、私たちは悔い改め、神に立ち帰ることができるのです。

奥様を天に送って20年以上、丘の上会堂に集っている方が、当教会の受洗者名簿に登録されました。50年前に洗礼を受けておられましたが、洗礼を受けた日は復活祭ではなく受難節の日曜日でした。その理由は、キリストと苦難を共にした弟子のように、受難前から信仰の道に入ろうと決心したからだと言われるのです。

ですから見なさい、神のいつくしみと厳しさを。倒れた者の上にあるのは厳しさですが、あなたの上にあるのは神のいつくしみです。ただし、あなたがそのいつくしみの中にとどまっていればであって、そうでなければ、あなたも切り取られます。ローマ11:22

2019年3月 3日 (日)

試みを受けた主  ルカ4:1-13  2019.3.3

西方教会の教会歴によれば、今週水曜日は「灰の水曜日」と言われ、これから主イエスの受けられた苦しみを覚える受難節に入ります。主の復活を祝う復活祭まで、自らの生活を吟味し、悔い改めてその実を結ぶことができれば、喜びにあふれた復活祭を迎えることができるでしょう。あなたにとって、主イエスはどのようなお方でしょうか?どのようなイメージを持っておられるでしょうか。この時期は、試みを受けた方であることに思いを向けたいと思います。

本日のテキストは、共観福音書に描かれている、荒野の誘惑の場面です。昨年のイスラエルツアーで、ヨルダン国に面したヨルダン川岸辺に下り立ちました。ヨハネ1:28「このことがあったのは、ヨルダンの川向こうのベタニアであった。ヨハネはそこでバプテスマを授けていたのである。」とあるベタニア、今日ではカスエルヤフッドと言われているところです。すぐ近くには荒野が広がっており、ガリラヤ湖の南、ヨルダン川となっていくヤルデニットよりも聖書の雰囲気を伝えている場所のように思いました。洗礼を受けたイエスは、ユダの荒野で試みを受けました。水や食べ物を絶って、まったく一人になるという40日間でした。空腹の極みの時に、悪魔が三つの問いをもってイエスを試みたという場面です。有名な「人はパンだけで生きるのではない」という言葉は、この場面で語られたものでした。三つの試みを通して、イエスはみ言葉により頼み、神様を信頼していくことこそ、誘惑に打ち勝つ道であることを示されました。

イエスの生涯は、試みの連続であったと言えるでしょう。人としての苦しみ悲しみ、弟子や家族に見放されるという心の苦しみ、時の宗教指導者の手に渡され厳しく責められるという精神的肉体的苦しみ、そして最後は犯罪人として十字架につけられ、人々のあざけりを受けるという全人格否定の苦しみ、それは筆舌に尽くしがたいものであったはずです。

しかしイエスは、このような試み、苦しみをスルーすることなく、真正面から受け止め、味わわれたのです。へブル書にはこのようなイエスの姿が描かれています。  
 2:18
「イエスは、自ら試みを受けて苦しまれたからこそ、試みられている者たちを助けることができるのです。」 
 4:15「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯しませんでしたが、すべての点において、私たちと同じように試みにあわれたのです。」
これらのみ言葉は、私たちの主イエスが私たちの苦しみや弱さに共感し、大祭司として父なる神にとりなしてくださっていることを示しています。このお方が、私たちの人生の同伴者なのです。この方とともに、これから始まる受難節を歩んでまいりましょう。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »