フォト
無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月 7日 (日)

神が生きておられることの証し  詩篇18:46-50 2019.4.7

先週の1日は、新元号の発表日でした。昭和から平成になった時とは大違いで、まるで令和フィーバーともいえる日だったのではないでしょうか。ただでもらった号外や記念品が高額で売買されたり、改元に付け込んだオレオレ詐欺が横行する、まったく悲しくなるような出来事も続いています。元号に恥じ入るような行動ではないかと思うのです。しかし、わたしたちの歴史は、元号によって区切られるものではありません。まことの神であるイエスキリストのみ手の中にあって、営まれていることを、謹んで悟らなければならないと思います。

 本日のテキストの背景は、表題にあるように、ダビデが敵、特にサウロによって追われていたときの経験があります。同じような詩が、2列王記22章に描かれています。命の危険を感じながら逃亡生活を送るということは、なんと大変なことであったかと思います。この詩篇はしかし、そんなダビデを生かしてくださる神を賛美し、神が生きておられることを証している詩篇です。

46節が主題のみ言葉であると言えます。この言葉は、旧約聖書では、誓って何かを言う時の定型句のように使われたり、大事なことを言う前に襟を正されるような感覚で使われている言葉です。神が生きておられるということは、私たちに命が与えられている、どのような境遇に置かれていても、生かされるということです。イエスキリストの十字架と復活を知っている私たちは、たとい死んでも生きるというイエスの言葉を、受け止めることができます。どのような苦難や、死に至るような病の中にあっても、神は生かしてくださると言えるのです。それは、イエスを信じる者は、天国行きの約束をいただいただけでなく、それまでの生涯を主の復活の証人として生きることができるからです。イエスキリストを信じているということは、日常茶飯事の出来事は神が生きておられることの証しそのものであるということです。

新聖歌257番は「キリストは生きておられる」という讃美歌です。ビル&グロリア・ゲイサー夫妻によって作られました。英語の原詩と日本語訳はかなり違っています。3節のヒントになったのは、グロリアさんのお父様が残していた死についての言葉でした。「そして、いつの日か 私は河を渡るだろう。私は人生の最後の戦いに苦痛とともに立ち向かう。そして、そのとき、死は勝利にのまれる。私は栄光の輝きを見て、主が生きておられるのを知るだろう。」この言葉こそ、神は生きておられることの証しです。私たちも、神が生きておられること、復活のキリストの証人として、この週も過ごしていきたいものです。

 

 

 

 

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »