フォト
無料ブログはココログ

« 主に信頼する  詩篇23:1-6  2019.6.16 | トップページ | 神をあがめ、感謝する 詩篇30:1-12  2019.7.7 »

2019年6月23日 (日)

礼拝者の姿勢 詩篇24:1-10  2019.6.23

 世界中のキリスト者は、日曜日に集い、礼拝をささげています。そのスタイルは違っていても、神を求める求道者であり、礼拝者であることに変わりはないでしょう。本篇は、その礼拝者の姿勢の基本を語っている詩篇と言えるでしょう。

 1節2節は、礼拝の対象である神は、天地万物を造られた方であることを明らかにしています。これはキリスト者の物事を考える根本にあることです。ドイツの首相であるアンゲラ・メルケル氏は、政教分離の国にあって、ご自分の行動の原理にはこの信仰があることを多く語っておられます(「私の信仰」新教出版社、2018)。天地を造られた神の存在は、この世界に秩序があり、美しいものであり、それぞれに違いがあっても尊いものであることを示しています。そこから他の国との関わり、エネルギー問題、難民問題への取り組みなどが導かれてくるのでしょう。

 3節から6節には、どのような人が真の礼拝者として神の宮、神殿に詣でることができるかということを示しています。主の山、聖なる所とは、聖書の時代では、今日のエルサレム、そしてそこに建てられた神殿のことでしょう。現代にあてはめれば、礼拝の場所と言えるでしょう。そこに集う礼拝者は、きよくなければならないのです。この「きよい」ということは、道徳的にも立派な人で、汚れを知らないということではありません。主イエスが山の上で語られたように、心を空しくしてただ神に思いを向け、子供様な純粋な思いをもって神により頼む心です。心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るからです(マタイ4:8)

 7-10は、神殿の門や戸()が擬人化されています。神殿に入ってくるのは、まず神様ご自身なのです。その方は余りにも栄光に富み偉大なので、門や扉は高く上げられなければ、どこかひっかかって入れなくなってしまうというのです。面白い表現だと思います。あるいは、神が入られるので、神殿の扉が大きく開かれるというイメージでしょうか。日本文化の中では、観音開きのようになるということでしょう。栄光と力に富んだ神に続いて、礼拝者が神殿に詣でることができるのです。

 いま私たちは、それぞれのところに建てられた教会に集い、礼拝をささげています。そこは礼拝堂ではなく、家や集会所のようなところである場合もあります。大切なのは、イエスキリストはご自分がなだめの供え物となって、先に入られたので、私たちも礼拝の場に行くことができるということです(へブル4:16)

 先導者であるイエスから目を離さないこと、そしてイエスの歩まれた道をたどること、これが、礼拝者の姿勢なのです。

 ですから私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、折にかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。へブル4:16

 

« 主に信頼する  詩篇23:1-6  2019.6.16 | トップページ | 神をあがめ、感謝する 詩篇30:1-12  2019.7.7 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 主に信頼する  詩篇23:1-6  2019.6.16 | トップページ | 神をあがめ、感謝する 詩篇30:1-12  2019.7.7 »