フォト
無料ブログはココログ

« 罪の告白と赦しの幸い 詩篇32:1-11 2019.8.4 | トップページ | なすべき備え マタイ24:3-14 2019.9.1 »

2019年8月18日 (日)

主なる神を味わう 詩篇34:1-22  2019.8.18

 きびしい残暑が続いています。子供のころ、母親の実家で飲んだ清水のあの冷たさと、のどを通る時のおいしさを思い起こしてしまいます。

 表題から推測すると、ダビデがサウロに追われて逃げているとき、祭司アヒメレクのもとに身を寄せて、頭がおかしくなったこと(3版では「気が違ったかのように」)が本詩篇の背景にあると思われます。その物語は1サムエル記21章にありますが、こちらでは、アヒメレクから逃れてガテの王ラキシュの下で頭がおかしくなったようにふるまったとあるので、表題と内容は関連がないという説もあるようです。しかし、ダビデの逃避行という苦しみの中でこの詩篇がうたわれたと理解するほうが、リアルに読むことができると思います。

 本日のみ言葉によれば、私たちは神様の素晴らしさを味わうことができるというのです。神についての概念や聖書の教えを頭だけではなく、体全体を使って味わいなさいと命じられています。苦しみの中でも、いやそのような時こそ主なる神様の素晴らしさを味わえというのです。素晴らしさと訳されている言葉は、多くの英語聖書ではgoodとなっていました。そういえば、英語クラスで良く歌う“God is so good!”の日本語の歌詞は「主は素晴らしい~」となっていました。他の日本語聖書を見ると、慈しみ深い、恵み深い、優しい方などの訳がありました。この夏、自分の家を離れて海や山に出かけられた方もあるでしょう。そのような場所で、神様の素晴らしさを体感できたのではないでしょうか。あるいは、ひと夏の経験や行った先での出会いを通して、神様の素晴らしさを感じたということもあるでしょう。

 私たちは、そのようなことと共に、書かれた神の言葉である聖書にふれることによって、神様の素晴らしさを深く味わうことができます。詩篇119:103 「あなたのみことばは私の上あごになんと甘いことでしょう。蜜よりも私の口に甘いのです。」とある通りです。しかし時にみ言葉は、私たちに鋭く切り込んでくることもあるのです。へブル4:12,13 「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄を分けるまでに刺し貫き、心の思いやはかりごとを見分けることができます。神の御前にあらわでない被造物はありません。神の目にはすべてが裸であり、さらけ出されています。この神に対して、私たちは申し開きをするのです。」

 この夏、私の神学校だけでなく、高校の大先輩の牧師先生との出会いがありました。その先生は、毎朝み言葉を揮毫され、ブログにアップされ、ひと月ごとにそれをまとめておられるのです。神を味わい、み言葉を味わうことの幸いを改めて教えてくださいました。今週、どのような神様のすばらしさを味わうことができるか、楽しみですね。

 

 



« 罪の告白と赦しの幸い 詩篇32:1-11 2019.8.4 | トップページ | なすべき備え マタイ24:3-14 2019.9.1 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 罪の告白と赦しの幸い 詩篇32:1-11 2019.8.4 | トップページ | なすべき備え マタイ24:3-14 2019.9.1 »