フォト
無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月23日 (日)

陰府の手から奪い返す方 詩篇49:1-20 2020.2.23

本日の詩篇は、死がテーマとなっています。説教の準備をする中で、お交わりのあった二人の方の訃報に接し、厳粛な思いにさせられました。

この詩篇は、どちらかというと箴言のような内容です。まさに知恵の書であり、格言、人生に対するアドバイスといっても良いかもしれません。この場合の知恵は、「を恐れることは知識の初め。愚か者は知恵と訓戒を蔑む。」(箴言1:7)とあるように、まず神を知ることから始まります。また1節に「これを聞け」とあるように、すべての人はこの知恵の言葉、聖書にしっかりと聞かくなくてはなりません。良い話だったから○○さんに聞かせてあげよう、というのではなく、まず自分自身が聞く姿勢を持つことが大切なのです。

禅語に「真光照天地」という言葉があります。これは神羅万象すべての物や営みに、神の光が隅々まで行き渡っており、人はその真の光を見ることができるという意味です。詩篇19の冒頭にある「天は神の栄光を語り告げ大空は御手のわざを告げ知らせる。昼は昼へ話を伝え夜は夜へ知識を示す。」というみ言葉に置き換えることができるのです。造られた世界には、神の知恵が満ちているのです。

人間が生まれてから死に至るまでのこと、特に、人の死を考えるときに、この詩篇49の語っていることは、改めて注釈する必要のないほど、自明なことを語っています。真の光が照っているのです。自分に悪意を抱く者を恐れること(5)、人の命は尊いこと(7)、富や栄誉を持っていても死を迎えること(1218)などは、全くその通りですね。親しい兄弟であっても、よみの国から人を贖うことはできないのです。それは、フィクションの世界で描かれる物語です。

本詩篇の中心のみ言葉は、15節です。よみに下る者であっても、そこにとらわれ続けられることはないのです。よみから奪い返してくださる方がおられる、というのです。「しかし神は私のたましいを贖い出し、よみの手から私を奪い返してくださる。」これができるのは、イエスキリストに他なりません。私たちの罪をその身に負い、神の罰を受けて十字架にかかり、死なれました。それは、わたしたちをよみの中から救い出す、奪い返すためだったのです。これは、人は死んで終わりではなく、文字通り、死からのよみがえりがあることを語っています。

このイエスキリストを遣わし、世界を造られた方に心を留めることこそ、私たちが第1にしなくてはならないことなのです。

伝道12:1

あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。

2020年2月 2日 (日)

神、共にいます  2020.2.2 詩篇46:1-11

先月の中旬から、新型コロナウイルスの蔓延、国会の開催、そして暖冬の中の天候不順、などなど様々なことが起きています。ネズミ年にふさわしい()、目まぐるしくいろいろなことが起きた最初の月でした。そしてこれらのことは、私たちの先行きに不安を与える者ばかりです。

 大相撲初場所の話題は、何といっても幕尻の徳勝龍が優勝したことでしょう。インタビューの中で、恩師の伊藤監督が急逝されたことに触れ「監督は見てくれてたんじゃなく、一緒に土俵にいて戦っていてくれたような、そんな気がします。」という涙のコメントが、印象に残りました。

本日の聖書個所は、ずばり、神がどんな時にも私たちと共にいてくれる、戦ってくれているということを告白したみ言葉です。宗教改革者ルターは、この詩篇をもとに「神はわがやぐら」という讃美歌を作りました(讃美歌267、新聖歌280)

1-3節は、神に造られた世界、人が自然と呼ぶ世界が立ち騒いでいる姿です。地震、津波、干ばつ、砂漠化、大規模森林火災など、挙げればきりがありません。故郷の姿も、人間の力によって全く変わってきたと感じる方もあることでしょう。「セラ」は詩篇に現れる間投詞です。美しい自然が失われている姿を見て、ふっとため息をついている詩人の姿を想像してしまいます。4-7は、人間の作った世界も立ち騒いでいる姿が描かれています。先だってのニュースで、世界終末時計は「あと100秒」になったとありました。時計の針に残された時間は、過去最短を示したというのです。イランとアメリカの関係悪化、北朝鮮の核疑惑、気候の温暖化を食い止める各国の対応が遅れている、というのがその理由で、地球の破滅はもう目の前に来ていることを警告しています。8-11は、このような危機的な中で、私たちが取るべき心の在り方、態度を示しています。何よりもこの世界の王は人間ではなく、世界を造られた神様であることを知らなくてはなりません。そのために必要なのは、静まって、神の前に出ることです。神様のとのかかわりを見つめなおし、もう一度人としての在り方を取り戻し、神様の前に膝まずくという態度です。必要なのは、軍備ではありません。9節は、イザヤ2:4「主は国々の間をさばき、多くの民族に判決を下す。彼らはその剣を鋤に、その槍を鎌に打ち直す。国は国に向かって剣を上げず、もう戦うことを学ばない。」のみ言葉を思い起こさせます。軍事力を持つことが戦争の抑止力になる、と言われます。しかしすべての人々がお互いに信頼し合い、一斉に武器を放棄し、荒野を開拓したら、そこに川ができ、緑がよみがえるのです。神が共におられる、God be with you! この言葉こそ、平和をもたらす基になることでしょう。

 

2020年2月 1日 (土)

市民講座

1月29日、今年度最後の市民講座が行われました。今回も、定員に近い方の出席がありました。香田寛美さんからは、江戸千家の茶の湯のお話しを、丁寧な資料と共に伺うことができました。髙橋敏夫先生からは、国宝茶室を実際訪ねた経験を交え、茶室のお話しを興味深く語ってくださいました。一つ一つの講座の積み重ねが、茶の湯だけでなく、私たちの小さな人生が広く深くなっていくように感じられた、意義深い時なっていると思います。

 

チャリティー茶会

またまた報告が遅れました。

昨年行われた、第22回丘の上チャリティー茶会は、天候にも恵まれ、穏やかな秋の一日を楽しんでいただけたことともいます。12月25日には、春日部社会福祉協議会に寄付を届けることができました。皆様から買っていただいたお茶券は、この町の福祉の為に、良きクリスマスプレゼントとなって用いられることと思います。ありがとうございました。次回は、2020年11月7日(土)です。

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »