フォト
無料ブログはココログ

« 自分をささげる 詩篇50:1-23 2020.3.1 | トップページ | キリストの死と復活 マタイ21:6-11  2020.4.5 »

2020年3月22日 (日)

イエスの歩まれた道、とは  マタイ27:27-34  2020.3.20

本日は、庄和会堂での説教ですが、来週日曜日の丘の上と同じですので、アップいたします。

 

イエスが十字架を背負わされて歩いた道は、ビアドロローサ、苦難の道(悲しみの道)と言われています。巡礼者が今日も歩くエルサレムにあるこのルートは、ピラトの官邸から聖墳墓教会まで、14のステーションがあります。現在のルートは中世に整備されたもので、実際にイエスが歩かされた道の一部は、現在知られている道より下にあるということで、イスラエルに住んでいるE姉が自分の足で歩いたレポートを送ってくれました。イエスが歩まれた道とはどのような道であったのか、心の巡礼としてたどってまいりましょう。

イエスの歩まれた道は、辱めの道、苦しみの道でした(27-31)。官邸に引き出されたイエスは、緋色のマントをかけられ、茨の冠をかぶせられ、兵士たちは王様の杓の代わりに持たせ葦の棒でイエスの頭を叩いたのでした。「パッション」という映画にイエスが受けた苦しみがリアルに描かれていましたが、一緒に行った姉妹は、とてもつらくて画面を見ていられなかったと言っていました。イザヤ書にあるように、人が顔を背けるほど蔑まれたのです(イザヤ53:3)。現在の日本では、クリスチャンであるというだけで蔑まれることはありません。むしろ、立派な人と思われるかもしれません。他人から蔑まされているとしたら、自分の愚かさから出ているかもしれませんね。しかし、私たちの国でも、かつて信仰のゆえに苦しみを受け、世間の人々から蔑まれたという歴史がありました。自分の苦しみとイエスの受けられた辱め、苦しみは、どこで重なるでしょうか。

イエスの歩まれた道は、孤独の道でした。霊的な生活とは、神と共に歩むことです。そこにいるあなたは、一人です。受難節の過ごし方の一つは、他の人といる所から身を離して、一人になり祈りとみ言葉に心を留めることです。イエスはいつも多くの人々に囲まれていましたが、ご自分ではさみしいところに身を置き、一人父なる神との交わりを求めていたのでした(マタイ14:13)。その時、本当の自分の姿を知り、神と共に歩みたいと思うようになることでしょう。

イエスの歩まれた道は、愛の道でした。イエスはただ辱めをじっと受け、一人になって何もしなかったのではありません。神の愛があらわされる行動を取っておられたのです。私達を最も大切なものとして認めてくださっている、それは私達への愛に他なりません。そして、私たちも愛のうちを歩むことは、神様のご命令でもあったのです。

  私たちが御父の命令にしたがって歩むこと、それが愛です。あなたがたが初めから聞いているように、愛のうちを歩むこと、それが命令です。   2ヨハネ1:6

« 自分をささげる 詩篇50:1-23 2020.3.1 | トップページ | キリストの死と復活 マタイ21:6-11  2020.4.5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分をささげる 詩篇50:1-23 2020.3.1 | トップページ | キリストの死と復活 マタイ21:6-11  2020.4.5 »